ベース本体を運ぶときに必要になるのがベースケースです。

ベースケースと言っても種類がたくさんありソフトケース、ギグバッグ、セミハードケース、ハードケースなど豊富にあります。

ありすぎてどれを選べばいいか迷ってしまいますね。

ですがそれぞれのケースに特徴があるので用途に合わせて使い分けたり自分の気に入ったケースを買いたいですね。

ベースケースは、移動のときに頻繁に使うので長く使えるものが良いと思います。

これからエレキベースを始めようと考えている方やベースケースの購入を考えている方の参考になればと思います。

ベースケースの種類について

ベースケースには、ソフト、セミハード、ハードなどの種類があります。

選ぶベースケースによって重量や耐久性、性能なども変わってきます。

それではそれぞれのケースの種類を見ていきましょう。

ソフトケース

ソフトケースは、布でできていてベースケースの中でも一番軽くて価格も安いケースになります。

楽器を購入したりすると付属品として付いてくることも多いです。

ソフトケースの特徴としては、軽いので持ち運びにとても便利です。

ですが耐久性には優れていないので長期に渡るコンサートやツアーなど移動が多い場合にはあまりおすすめしません。

せっかくの大切な楽器が途中で壊れたり傷ができてしまったら困りますからね。

普段のスタジオ練習などには、ソフトケースでも良いと思いますが持ち運ぶときにはぶつけたりしないように注意しましょう。

ギグバッグ

ギグバッグは、ソフトケースとハードケースの中間の位置にいるケースです。

ソフトケースの軽さやハードケースの耐久性を半分ずつ取り入れたようなケースです。

最近では、ギグバッグやギグケースを持っている人もよく見かけるようになりました。

ハードケースより軽いですが中にクッションなどが入っているので大切な楽器を守ってくれます。

また重量もハードケースより軽く持ち運びも便利なケースです。

ハードケース

ハードケースは、縦長の箱型のケースになります。

重く重量がありますが耐久性に優れているので衝撃などにも大切な楽器を守ることができます。

箱の中もピッタリとベースが固定され外側が硬い素材でできているので安心ですね。

海外ツアーのために飛行機に乗るときは、ハードケースがいいですね。

それではおすすめのベースケースを紹介していきたいと思います。

おすすめのベースケース

クッション 付き エレキ ベース 用 ギグバッグ ギグ ケース クッション 20mm厚 MUSEN

ハードケースはかさばるけどもう少し軽くて丈夫なケースが欲しいという人におすすめのギグバックです。

ケースの中にピッタリと楽器を固定させることができる点と外側も固くしっかりしているので大切な楽器を衝撃から守ることができます。

また楽譜や小物を入れるポケットもついてる点も使いやすくて良いですね。

KC エレキベース用 ハードケース EB-130 (ジャズベース/プレシジョンベース対応)

ジャズベースもプレシジョンベースも収納可能なハードケースです。

ケースの中にピッタリと楽器を固定させることができる点と外側も固くしっかりしているので大切な楽器を衝撃から守ることができます。

移動が多いツアーやコンサートなどで安心して使用できます。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事