ギタリストやベーシストにとって必須アイテムの一つと言えば

爪切りです!!

爪が伸びていたら弦をしっかり押さえることができません。

爪はすぐ伸びてきますし演奏にも影響します。。

爪をしっかり短くしておくことで弾きやすくなりますので定期的に爪を切ったりケアをするようにしましょう。

爪切りもあまりに安いものだと切りにくかったりちゃんと切ることができなかったりします。

ぼくも最初のころは爪切りなんて何でもいいやと思っていましたが切りづらくて使いづらい爪切りを使っていました。

使いづらい爪切りを使っているとちゃんと切れなかったりして余計に時間がかかったり、うまく切れなかったりで効率が悪いなと感じました。

今では切りやすい爪切りを使っています。

また常時、爪切りを持参しています。

頻繁に演奏する人はいつどこでも爪が切れるようにバッグに入れておくと良いと思います。

爪のケアは大事!
  • 爪を短くしておくことでしっかり弦をおさえることができる
  • 爪が伸びていると弦にひっかかる、弦をしっかりおさえることができない

目次

爪切りの種類とおすすめ

爪切りといってもどんなものがいいのかわからないという人もいると思います。

意外と知らない人も多いと思いますが爪切りには2つの種類があります。

それは直線刃と曲線刃です。

形はそれぞれ見たことはあると思います。

曲線刃

曲線刃とはその名のとおり爪のかたちに沿うようにカーブされている爪切りになります。

爪のかたちにそってキレイに切ることができます。

どちらかというと爪をきれいな形に切りたいという人にはおすすめだと思います。

直線刃

爪をとにかく短くしたいという人には直線刃がおすすめです。

角度をかえてより短く切ることができます。

おすすめの爪切り

女性とかで爪は短くしたいけどキレイな形に切りたい人は曲線刃がよいかと思います。

とにかく爪を短くしたい人には直線刃がおすすめです。

おすすめの曲線刃

握りやすさや切れ味などにこだわりを感じる爪切りです。

長くつかうためにも耐久性も考えられていて安心して使うことができます。

デザインもスタイリッシュで飽きのこない感じです。

 

おすすめの直線刃

直線刃はとにかく爪を短くしたいという人におすすめです。

ステンレスでシンプルなデザインになっています。

僕も直線刃を使用しています。

【シアーミュージック】人気の音楽教室で無料体験レッスン実施中

生徒一人一人のレベルに合わせたマンツーマンで楽しく上達できる人気のレッスンです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事