楽器屋だと壁いっぱいにギターやベースがかかっているのを見ることがあると思います。

たくさんの楽器を見せるには下だけでなく壁いっぱい使うことでたくさんの楽器を見せることができますし見栄えもいいですよね。

また壁にかける形だと部屋のスペースを有効活用できますし部屋を広く使えてるだけでなくオシャレに見えます。

壁掛けをするなら壁掛けハンガーがおすすめです。

この壁掛けを自分の部屋でもやってみたいという人に紹介していきたいと思います。

壁掛けハンガーはこんな人におすすめです!
  • ギターやベースなど複数の楽器を所有している
  • 部屋を広く使いたい
  • 下に楽器を置きたくない&掃除もしやすくしたい
  • 賃貸なので大きな穴が空けられない
  • 安く済ませたい人

壁掛けハンガーを使うことでメリットもたくさんあります。

次は壁掛けハンガーを使うメリットについて紹介していきます。

壁掛けハンガーを使うメリット

倒れにくい/転倒防止

壁にただ立て掛けていると何かの拍子に転倒する恐れがあります。

またネックに負担がかかる置き方をしているとチューニングが狂いやすくネックにも負担がかかるのでやめておきましょう。

楽器スタンドに置くパターンは一番多く転倒しにくいですが強い揺れの地震だったり何かにぶつかったときに倒れてしまう可能性があります。

壁掛けハンガーの場合だとネックをしっかり固定するタイプであればスタンドに置くよりも安全性は高いと思います。

狭い空間を最大弦に!部屋を広く使える

複数の楽器を所有している場合に楽器スタンドを使うとかなりのスペースが取られてしまいますね。

壁掛けハンガーを使い壁掛けにすればほとんど面積を使わずに部屋を広く使うことができるというメリットがあります。

スタンドだとこんな感じにスペースをたくさん取られてしまいます。

取り出しも簡単ですぐ弾ける

複数の楽器を壁掛けにしていれば使いたいときに使いたい楽器をすぐ取り出して弾くことができます。

ネジ止めをするハンガーは壁に穴を空ける必要ありますが細い針を使うものもあるので大きな穴が空けられない賃貸物件でも大丈夫です。

 

メッシュハンガーを使えば一切穴を空ける必要がない

細い針でも気になる方は、メッシュを使うことで穴を一切あけずに壁掛けをすることができます。

メッシュハンガーだと楽器の壁掛け以外にもシールドや小物などもかけることができるのでおしゃれ感も増します。

インテリアとしても良いですね。

つっぱりメッシュハンガー

最後に

楽器を壁にかけることで部屋もすっきり広く使える点や楽器を複数所持している場合でも取りやすい点が挙げられます。

おしゃれなだけでなく壁掛けするメリットは多いので検討する価値はありますね。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事