ギターのエフェクターの種類はとても多いですがギターに引けをとらないくらいベースのエフェクターもかなりの種類があります。

近年の音楽シーンでもベースにエフェクトがかかっている曲をよく聴くようになりました。

ベース音のキャラクターや効果により曲を盛り上げる効果として使用しているケースもよく見かけます。

昔よりもベースにエフェクターを使うことは一般化してきていると思います。

エフェクターの種類や効果

エフェクターを使ったことがないベーシストもどんな種類のエフェクターがあってどんな効果があるのか?

またどんな用途で使うのかを知っておけばベースの音が物足りないと思ったときや曲によってベースのキャラクターを変えたいときに必要なエフェクターを見つけられると思います。

今回はベースエフェクターの種類と効果、そしておすすめのエフェクターをそれぞれ紹介していきたいと思います。

コンパクトエフェクターとマルチエフェクターについて

エフェクターには、単体のコンパクトエフェクターと複数のエフェクトが入っているマルチエフェクターがあります。

単体のコンパクトエフェクターは、小さくて持ち運びが便利なのとつまみの数も少ないので操作しやすい点があります。

マルチエフェクターは、複数のエフェクトが入っているので単体のエフェクターを揃えるより安くなります。

またマルチエフェクターは、複数のエフェクトを同時にかけたい場合や1台でエフェクターをまとめたいという場合に便利です。

エフェクターが増えてくるようであればマルチエフェクターを使う方が移動時やセッティングの手間も省けるようになります。

おすすめのマルチエフェクター

エフェクターの種類

歪み系

歪み系のエフェクターは音を歪ませる効果があります。

歪み系エフェクターには、オーバードライブ、ディストーション、ファズの3種類があります。

それぞれの違いは歪みの量になります。

オーバードライブ

オーバードライブは、歪みの量が少なめで自然でナチュラルな歪みを得ることができます。

おすすめオーバードライブ
  • ワンコントロール / フッカーズグリーンベースマシン オーバードライブ【詳細はこちら
  • ODB-3 BOSS ベース オーバードライブ【詳細はこちら

ディストーション

ディストーションは、オーバードライブより歪ませることができるのでハードロックに使用されることが多いです。

ファズ

ファズは、オーバードライブやディストーションより歪みが強いです。

音の調整

コンプレッサー

簡単に言うと音がよくなる魔法のアイテムとも呼ばれています。

音の粒を揃えたりサウンドを安定させたりできるエフェクターです。

おすすめのコンプレッサー

リミッター

リミッターは、音の最大値に対して調整を行うことができるエフェクターです。

イコライザー

高音域、中音域、低音域のそれぞれの音に対して調整することができるエフェクターになります。

音が埋もれているときや音をはっきりさせたい場合に周波数帯域にたいしてカットしたり調整して音を変化させることができます。

モジュレーション系

モジュレーション系のエフェクターは、音の高さを整えたり音量を調整することができます。

ベースだとあまりモジュレーション系のエフェクトをかけすぎると本来のベースの良さを

エフェクトのかけ具合には注意が必要ですが使い方によっては、曲を盛り上げる強力なアイテムになります。

コーラス

コーラスは音に広がりをもたせることができるエフェクターです。

また音に深みを与え音に厚みを持たせることができます。

ソロや曲のアクセントとしてここぞというときに使えるエフェクターです。

フランジャー

フランジャーは、音を遅延させて本来の音とミックスさせることによってうねるようなサウンドを出すことができます。

使用する頻度は少なそうですがなかなか面白いサウンドなので使うとハマってしまうかもしれません。

トレモロ

トレモロは、音量を変化させることができるエフェクターです。

音量を波のように変化させることでビブラートのような効果を得ることができます。

フェイザー

フェイザーはさまざまな効果を得ることができるエフェクターです。

ベーシストにはあまり使用頻度が多くはないと思いますが音を揺らしたり回転させたりするような効果を得ることができます。

とくにベースを際立たせたいときに使うと良いと思います。

空間系

リバーヴ

リバーヴはホールで演奏しているような音の響きだったり狭い部屋で演奏しているようなこもった音まで表現できます。

よくお風呂で歌を歌ったときのような音の響きといえばイメージしやすいと思います。

リバーヴをかけることで音の広がりや透明感、響きなどを細かく調整することができます。

ディレイ

ディレイはやまびこのような効果を出すことができます。

音を出したら数秒後に音が返ってくるイメージです。

面白系

ワウ

ワウは、文字どおり「ワウワウ」としゃべっているかのような音を表現することができるエフェクターです。

最後に

エフェクターはベースの音をより細かく設定したりベースを目立たせたりさまざまな効果を得ることができます。

ベースは本来リズム隊として音というよりリズムが一番大事なパートになりますがここぞというときに曲を盛り上げるために前に出るベースもかっこいいと思います。

ただしあまりエフェクトをかけすぎると本来のベース音が損なわれてしまうと思います。

エフェクターを使うときは曲に合う範囲で適度にかけながら試していくと良いと思います。

 

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事