エレキベース初心者がやってはいけないことリスト
NG

ベースを始めたばかりだと分からないことも多いと思います。

楽器というのは、地道にコツコツと練習していくことで上達していくのでいきなり背伸びせず自分のレベルに合ったやり方で継続していくのが良いと思います。才能がある人は別ですが。

今回は、ベースを始めたばかりの初心者がやらない方が良い項目を紹介していきます。

いきなり高価な楽器を購入する

高価なベースを買うことが悪いとは思いません。

もちろんお金に余裕があるのであれば自分にとって一生使える大切な一本を購入するのも良いと思います。

ですが最初は、高価でなくても自分が一番弾きやすい楽器を選ぶのが良いと思います。

高価なベースは、良い材質を使っていたり細部にもこだわって作れていますが自分にとって本当に弾きやすいかどうかは、その人によって違っていきます。

例えば手の小さい人だったりすると高価だから必ずしも弾きやすいかと言えばそうとも言い切れないと思います。

手が小さいのであればネックが握りやすいものを選んだり小柄な人であれば軽めのベースを選ぶことで負担にならずに弾くことができます。

また楽器を始めたばかりだと楽器に慣れていなかったりするので高い楽器を購入するより楽器の練習に時間やお金を使った方が良いかもしれません。

ある程度、弾けるようになってくると自分にとってどんな楽器が弾きやすいのかが分かってくると思います。

それから高価なベースを購入しても良いのではないでしょうか?

たとえ安い楽器だったとしても良い音が出せる人もいるのでどんな楽器でも良い音を出すことができるように練習すると良いと思います。

安い楽器で良い音を出すことができればどんな楽器でも良い音を出すことができると思います。

アンプを使わずに練習する

こちらは住宅などの環境的な問題もあるので中にはアンプを使うことができない人もいるかもしれません。

ですがヘッドフォンがあればアンプを使っても練習ができると思います。

エレキベースは、スタジオやライブハウスでアンプに繋げて弾くのが当たり前の楽器です。

普段からアンプに通して練習することでノイズやミュートに気を付けることができるのでうまくなると思います。

ところがアンプを使わずに練習すると自分の音がよく聞こえなかったりミュートが弱くなってしまうと思います。

爪を切らないで練習する

伸びている爪でベースを弾いていると「カリカリ」、「カチカチ」という固い音がすると思います。

これは、弾いているときに爪が弦に当たってなる音です。

ライブハウスなどで大きい音で鳴らすとけっこうノイズのような音になります。

ベーシストにとって爪は、いつも短めに切っておくことが大事です。

アンプを使っていないと目立たないですがアンプを使うと目立ってしまいます。

せっかく良い演奏ができても良い音が出せていなかったりノイズが出ていたら非常に残念です。

エフェクターを使って音を加工してから練習する

ギターだけでなくベースにもたくさんのエフェクターが登場しています。

歪み系エフェクターのオーバードライブからコンプレッサー、イコライザー、ワウなどいろいろな種類があります。

最近では、エフェクターを駆使するベーシストもけっこういると思います。

ひと昔前だとベースはリズム隊でもあり他の楽器より目立ってはいけない雰囲気がありました。

最近は、ベーシストでもさまざまなエフェクターを曲によって多彩な音を使い分けていることも多くなりました。

エフェクターを使うと音を歪ませたり音を細かく補正できたりするので使ってみると楽しくなると思います。

ですが初心者のうちは、エフェクターで音を加工して練習するよりアンプの音だけでもきちんと弾けるようになること、そしてアンプだけでも良い音を鳴らすことができるように練習した方が良いと思います。

最初からエフェクターを使ってしまうと自分がすごくうまくなったように聴こえてしまうこともあります。

まずは、エフェクターを使わずアンプで練習してある程度、弾けるようになったら使用してみるのも良いと思います。

速弾きなどのテンポの早いフレーズを弾こうとする

速弾きができるとかっこよく見えるため速弾きから練習しようとする人がいると思います。

確かにかっこいいですが最初は、ゆっくりなテンポで丁寧に弾くことを心掛けると良いと思います。

いきなり速弾きができる人は、そうそういないと思います。

弾けたとしても綺麗に弾くのは難しいと思います。

最初は、速さだけじゃなくリズムに合わせてゆっくり綺麗なフォームで弾くことを意識した方が良いと思います。

最後に

ベースを始めると分からないことや弾けないフレーズが出てきて挫折してしまいそうなこともあるかもしれません。

ですが一番大事なことは楽しくやること!

そして毎日コツコツやること!

だと思います。

ベースを始めると壁に当たったりすることもあると思いますがベースを弾くのが楽しくなるということが継続するためには大事なことですね。

 

 

 

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事