星野源(ほしの げん)といえばシンガーソングーから俳優まで幅広く活躍されてることでも知られています。

2016年に放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」では星野さん本人も出演され俳優としても魅力も発揮されています。

また主題歌でもある「恋」はファンだけでなく音楽評論家からも高い評価をもらい大ヒットとなりました。

今回は星野源のアーティストとしての魅力について解説していきたいと思います。

星野源の生い立ち

幼少期から音楽に触れて育っていた

1981年生まれで埼玉で育っています。

中学時代から音楽や劇などに興味をもっていたようです。

もともと親がジャズバーを経営していたそうで幼いころから音楽に触れている機会が多かったようです。

とくに音楽ジャンルのなかでも「ブラックミュージック」が好きだったこともあり海外の音楽をどんどん吸収し、自分の楽曲にふんだんに取り入れられていると思います。

2021年5月に結婚!?

新垣結衣さんと電撃結婚!

2021年5月になんと星野源(ほしのげん)さんが新垣結衣(あらがき ゆい)さんが結婚を発表しました。

ドラマで共演しつつも「逃げ恥」カップルとしての結婚は日本中の人が驚いたことと思います。

コロナで暗いニュースが続くなかでほっこり温かいニュースに包まれたと思います。

もともと好感度が高いお二人なのでこれからも注目を浴びる二人だと思います。

ぜひ末永くお幸せにと願いたいですね。

 

星野源の人気曲

星野源さんの楽曲の多くは明るいポップな曲調が多く誰でも聞きやすいイメージがあります。

また星野さん独自の世界観や独特なメッセージの歌詞が印象的です。

星野さんの楽曲のなかで1番有名だといっても過言ではない曲といえばこの曲です!

こちらの曲はTBS系火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌として人気を集めました。

音楽を聴いているだけでなんだか踊りだしたくなるようなそんなダンスナンバーです。

この曲に合わせて踊る「恋ダンス」も流行しました。

気持ちが落ち込んでいるときや元気にいっぱいになりたいときにおすすめしたい曲です。

収録アルバム POP VIRUS / 星野源

 

SUN

こちらの曲はフジテレビ系水10ドラマ「心がポキッとね」主題歌です。

タイトルにあるように太陽のように明るく元気なれるような曲です。

ダンスをイメージされている楽曲で大変なときでも頑張りたくなる曲だと思います。

収録アルバム YELLOW DANCER / 星野源

 

Family Song

こちらの曲は70年代のソウルミュージックを感じさせるナンバーです。

日本テレビ系水曜ドラマの「過保護のカホコ」の主題歌になっています。

「家族」をテーマにした曲で現代の家族の形を感じさせてくれる曲です。

また家族の愛を感じることができる楽曲になっています。

収録アルバム POP VIRUS / 星野源

 

アイデア

こちらの曲はNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌になります。

曲の表現がとても豊かで明るくアップテンポな部分だったりアコースティックギターのゆったりとした弾き語りがあったりといろいろな変化を楽しめ楽曲だと思います。

収録アルバム POP VIRUS / 星野源

 

最後に

星野源さんは幼いときに影響を受けたブラックミュージックを自身の楽曲に取り入れて新しいスタイルを作り出していると思います。

自分の好きなジャンルをうまく取り入れて独特な世界観を音楽で表現されていると思います。

そして音楽性だけでなく人柄も面白いので多くのファンを魅了しているのだと思います。

今では日本を代表するミュージシャンの一人でもある星野源さん。

これからも世の中に新しい音楽を届けてくれると思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事