今回はアップライトベースを始めたばかりでハルッシュタットのアップライトベースの購入に悩んでいる人やはじめたばかりだから安いアップライトベースを探している人向けにハルッシュタットのアップライトベースについて実際に弾いたことがある僕が紹介していきたいと思います。

この記事のおすすめのポイント
  • アップライトベースを始めたばかりなので価格が安いアップライトベースを探している人
  • ハルッシュタットのアップライトベースの購入を考えている人
  • ハルッシュタットって安いけど大丈夫なの?と思っている人

アップライトベースとウッドベース

ウッドベースだったりアップライトベースを始めるときに初心者の目につくのがハルッシュタットのアップライトベースだと思います。

ハルッシュタットは非常に低コストでアップライトベースのなかでは一番安いです。

はじめからそこそこのものを買おうとしたらウッドベースだと20万円くらいから。

そしてアップライトベースだと10万以上はかかります。

ウッドベースを買いたいけど大きくて置くスペースがない場合だったりお金がないからと理由でアップライトベースの購入を考えると思います。

僕もはじめウッドベースを買いたいと思っていましたが置くスペースだったり音が出せない環境だったのでアップライトベースに決めました。

ハルッシュタットのアップライトは非常に安く5万円くらいで購入できます。

Hallstatt(ハルッシュタット)の疑問と特徴を解説

弓弾きできる?

弓弾きはできます。

ですが弦高が低いので弓弾き用のアップライトベースに比べると弾きにくいかもしれません。

弓弾きするには弾く角度などコツを掴まないとちゃんとした音が出せるまでに時間がかかるかもしれませんね。

ピッチカートは問題なく弾けます。

ハルッシュタットは壊れやすい?

ハルッシュタットは低価格な分壊れやすいのではないという意見を聞きます。

僕が使ってみた感じパーツなどはコストを削っているせいか壊れやすいかもしれません。

ですがよほど乱暴に使わなければすぐに壊れたりはしないと思います。

僕も練習用に使っていますが壊れたことはまだありません。

また初期不良の場合は交換してもらったら良いと思います。

重量が軽いので持ち運びに便利

ハルッシユタットはアップライトベースのなかでも重量が軽いです。

ヤマハのアップライトベースだと7kg以上あります。

7kgだと車があればいいですが電車移動はそこそこ大変です。

僕も7kgのアップライトベースで電車移動したことがありますがエレキベースと比べると大変でした。

やっぱ軽いアップライトベースはいいなと思います。

赤と黒のアップライトベースはかっこいい

 

ハルッシュタットには赤色のモデルがあります。

アップライトベースで赤色のものってあまり見ないです。

個人的には赤と黒のアップライトベースってかっこいいなって思います。

WBSE-850 (TRD) アップライトベース

WBSE-1000

初心者ならハルッシュタットでも良い

最初の一本としてハルッシュタットにするのはありだと思います。

アップライトベースのことはまだよく分からない、とにかく安いアップライトベースが欲しいという人にはおすすめします。

お金がないから欲しいアップライトベースが買えるまで待つのだと始めるタイミングを逃してしまうかもしれません。

それなら安くても早く始めてしまうほうが良いかなと僕は思います。

ポイント
  • 初心者の最初の1本や自宅での練習用には良い!
  • お金が貯まるまでアップライトベースが買えないのならハルッシユタットを購入して早く始めたほうが良いかも!(楽器を始めるタイミングを逃さないため)
楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事