昨今ではコロナや巣ごもりの影響で自分の好きなことや趣味に時間とお金を使う人が増えてきています。

趣味のなかでもとくに人気が高いのが楽器です。

若いときに始めたいと思っていたけど始められなかった人や昔弾いていたけど時間がなくなって弾かなくなった人などさまざまだと思います。

ですがこの機会に自分の趣味をやってみようかなと思っている人も多いです。

楽器のなかでも人気の楽器上位に上がるのがギターです。

ギターには生のアコースティックギターやアンプを使うエレクトリックアコースティックギター、エレクトリックギターなどいろいろな種類があります。

そのなかでも初心者にはじめやすいのがアコースティックギターやエレクトリックアコースティックギターです。

アコースティックギターは場所を選ばずに音を出したり弾いたりできるのが人気の秘密だと思います。

これからはじめようと思っている人や以前やっていたけどまた一からはじめようと思っている人にとってギターを選ぶポイントを紹介していきます。

ギターを選ぶポイント

ギターを選ぶ際のポイントを紹介します。

楽器を選ぶポイント
  • 弾きやすさ
  • 価格
  • 音(サウンド)

楽器を選ぶポイントとしては上記の3点だと思います。

初心者の楽器選びはとても重要です。

だって弾きにくい楽器を選んでしまったらもしかしたら弾きにくくて途中で辞めてしまうかもしれません。

ギターの音や鳴りも大事ですが初心者のうちはなるべく弾きやすい楽器を選んだほうが良いと思います。

あとはあまりに安すぎて弾きづらい楽器もやめたほうがよいです。

僕がはじめてアコースティックギターを買ったのは学生のときです。

お小遣いを必死に貯めてドキドキしながら楽器屋に行ったのを今でも覚えています。

そのときに買ったアコースティックギターは価格のわりに音の響きもよく弾きやすかったので途中で挫折せず今でも長く使用しています。

ポイント
初心者は弾きやすいギターを選ぶのが良い

アコギとエレアコの違い

最近ではアコースティックギター(アコギ)以外にもエレクトリックアコースティックギター(エレアコ)の種類も増えてきています。

アコギとエレアコの大きな違いはマイクが内蔵されているかされていないかの違いです。

アコギは生音で音を出すのに対してエレアコはマイクが内蔵されているのでアンプやスピーカーを使って大きな音を出すことができます。

弾き語り系だとアコギで演奏するケースが多いですがバンド系だとエレアコを使っているケースが多いです。

アコギとエレアコどっちを選んだら良い?

よくアコースティックギターとエレアコどちらを選んだらいいのという疑問を聞きます。

こちらについてはアコギとエレアコは特徴が違うので自分の演奏スタイルやどういった用途で使うのかにもよってくると思います。

アコギがおすすめな人

 

アコギをおすすめな人
  • アコースティックギターの生音が好きな人(生音にこだわりがある)
  • シンガーソングライターの人

 

初心者におすすめのアコースティックギター厳選

ヤマハ アコースティックギター FS800

個人てきにはヤマハのFSシリーズをおすすめです。

ヤマハにはほかにもFGシリーズがありますがFSシリーズのほうがFGシリーズよりほんの少し小ぶりになっているので初心者には弾きやすくなっています。

手の小さい人や通常のアコギだと弾きにくいと感じている人にはおすすめです。
ヤマハのギターは初心者にとって弾きやすいように工夫がされているので品質も高く申し分ないです。
またくびれが深くコンパクトなボディがより弾きやすさを追求しています。
おすすめポイント
  • トラッドウェスタンのボディシェイプ
  • 表板はスプルース単板
  • 豊かな響きと力強いサウンドが特徴
  • 安定したつくりと高品質なギター


 

エレアコがおすすめな人

 

エレアコがおすすめな人
  • アコースティックギターに比べるとボディが薄いので弾きやすい
  • ネックが幅が狭く手の小さい人でも握りやすい
  • バンド演奏が主なひと
  • パソコンにつなげたりしてDTMをしたい人

 

初心者におすすめのエレクトリックアコースティックギター厳選

ヤマハ YAMAHA エレアコギター CPX600

ヤマハのエレアコはどれもコストパフォーマンに優れ弾きやすいものが多いので初心者におすすめです。
そのなかでもCPXシリーズは、パワーもあり音の響きも良いです。
ポイント
  • 力強くパワフルさがありながらもクリアで抜けの良い音とサウンド
  • コストパフォーマンに優れたエレアコ
  • スリムなネック形状なのでスムーズな運指が可能

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事