ボーカリストが実践する喉に良い食べ物と飲料を紹介
バンド

ボーカリストや歌手など声を使って歌を歌う人にとって喉はとても大事な部分です。

もし喉をいためてしまったり声がでなくなってしまったら歌にも影響を与えてしまいます。

なのでボーカリストや歌手にとって普段のボイストレーニングも大事ですがそれ以上に大事なことは日頃の喉のケアだと思います。

常によい喉のコンディションを整えることが歌の上達にもつながりますしボーカリストや歌手という自覚にもつながっていきます。

喉に良いもの

のどの良いものとしてビタミンなどの栄養を含む食べ物がいいと思います。

ネギ

ネギにはビタミンCが含まれているために喉の良いとされています。

またネギは発汗作用があるため風邪にもよく免疫力もアップするといわれています。

古くからネギは喉の良いといわれています。

喉にまくというのも聞いたことがありますが僕は食べたほうが効果があるのではないかなと思います。

僕も普段からネギを食べているので風邪をひくことも少ないですし健康面でもよいです。

かりん

のどが痛いときに舐めるのど飴でも知られているのが「かりん」です。

「かりん」は喉の痛みを和らげてくれるといわれています。

かりんのエキスにはビタミンCやカリンポリフェノールが含まれているため風邪やのどの痛みにも良いとされています。

はちみつ

はちみつには殺菌作用があるといわれています。

普段からはちみつを摂取しておくことで風の予防にもつながりますしのどのコンディションを整えるうえでもよいと思います。

しょうが

しょうがは風邪にもよくのどの痛みにきく作用があります。

特にジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールなどの成分はのどの良いとされています。

しょうがをすりおろして豆腐にのせてもいいですし市販の生姜湯とかも良いと思います。

喉の良くないもの

喉のよくないものとして刺激の強いものやのどの影響するものは避けた方がよいと思います。

辛い物

辛いたべものは喉に刺激をあたえてしまうので避けた方がよいです。

メロン

メロンには喉がいがいがする成分が含まれているためにおすすめしないです。

牛乳

牛乳はたんが絡みやすくなりせきをしているときや歌う人にとってはあまりおすすめしないです。

喉がねばねばしてしまうので避けましょう。

炭酸飲料

炭酸飲料は喉への刺激が強いとされています。

またげっぷがでやすくなるのでボーカリストや歌手にはおすすめしないです。

最後に

ボーカリストや歌手はやっぱり声が命でもあるので日頃からのケアや食べ物にも気をつけていきたいところです。

なるべく喉の刺激のある食べ物は避けて喉の良い食べ物を食べるようにしていきましょう。

 

 

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事