これからの夏の季節は熱中症に気をつける時期!
【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

熱中症に気をつける時期

熱中症はだれにでもなる

暖かい気候になってきてこれから夏になるとどんどん熱くなってきます。

そうすると気温もどんどん上がっていきます。

最高気温が上昇を続けているいますがこれから夏本番を迎える前に気をつけなければいけないのが熱中症です。

毎年、熱中症で倒れる人がどんどん増加しています。

熱中症は、実は野外だけでなく室内でも起こる可能性が高いのです。

室内なら心配ないと思っていても室内でも熱がこもりやすかったり温度が非常に上がりやすくなり注意が注意が必要です。

夏でもクーラーをつけず我慢して亡くなるケースもあるほど恐いものだと思っていた方が良いです。

年配やお年寄りだけでなく若い人でも熱中症になると中には重病化する危険性もあります。

ポイント
  • 熱中症はだれにでもなる
  • 熱中症で倒れる人がどんどん増加

熱中症には特に注意が必要

近年では最高気温がどんどん上昇してきています。

人が耐えられる温度を超えてきていると思います。

自分は大丈夫と思って熱中症を甘くみないよういつも対策を心がける必要があります。

若い方でも亡くなるケースもあるのでとても注意しなければいけない事です。

どんな症状がある?

暑い夏は当然のように汗が出ますがこまめに水分を取らないと脱水症状を起こします。

そして最初のうちはめまいが起こり、悪化していくとけいれんや意識障害などを引き起こし最悪の場合だと死にいたるケースもあります。

日頃から熱中症に関して注意をして対策をしておくと良いと思います。

それでは、熱中症対策をご紹介します。

熱中症対策

こまめに水分補給をする

こまめな水分補給は、かかせません。

喉が渇いていなくても夏は汗が出るので水分を取っても取りすぎたなんて事はないです。

暑い日差しの中で長時間運動をしないようにする

暑い日差しの中で運動する事によりいつもより体力も消耗しやすいです。

また体が暑さに慣れていなかったりすると短い時間でも熱中症になる場合もありますね。

就寝時の暑さ対策

暑い夜は、寝苦しいですよね。

寝苦しい場合は、エアコンや扇風機を使いましょう。

暑い時は、我慢しないようにしましょう。

うちでは、タイマーをセットして寝ています。

それ以外にも夏は、ひんやり枕やひんやり布団など色々な対策グッズなどもあるので使ってみるのも良いと思います。

室内の過ごし方

室内でも日中は、熱を吸収し熱がこもったりして熱中症になる危険性があります。

扇風機やクーラーを使い快適にしましょう。

クーラーは、意外にお金がかかると思われ我慢する人も多いようですが28度くらいに設定してつけたり消したりしないで使う方が電気代は、安いようです。

熱中症におすすめアイテム

今では、熱中症対策のアイテムはたくさん出ています。

外出したときに便利なのが携帯ミストファンなどです。

暑い外でもミストファンなら涼しく気持ちいいです。

仕事では卓上の小型扇風機もおすすめです。

僕もデスクに小型扇風機を使っています。

昔と比べると最高気温が上昇している

僕が小さいときは、エアコンをつけながら寝る事なんてあまりなかったように思います。

確かに夏は、暑いなと感じた事はありましたが今ほど暑くなかったと思います。

外を開ければ風もありましたし。

年々温暖化によって気温が上がっているのが原因ではありますが最高気温40度を超えるなんて昔では考えられなかったですね。

特にお年寄りや小さい子供がいる方は、快適に過ごせるようにクーラーや扇風機を使った方が良いと思います。

暑くなる前から事前に熱中症にならないように対策を準備しておくことが大事だと思います。

【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事