【住まいの音トラブルを回避】ファミリー世帯の物件選びと集合住宅の騒音対策
騒音

集合住宅の気になる騒音について

集合住宅と呼ばれるマンションやアパートに住んでいて一番のトラブルとしては声や音の問題が多いのではないでしょうか?

集合住宅のトラブル
  • 音楽や楽器などの音に関するもの
  • 子供の声や走る音など

音楽や楽器をやっている人や子供のいる家庭だと気をつけているつもりでも思わぬことで苦情が来ることもあります。

とくに子供いると騒いだり家の中を走ったりジャンプしたりなどはどの家庭でも同じだと思います。

同じ子供がいる家庭であれば理解してもらえることが多いと思いますが独身の人だとなかなか理解してもらえないことでもあります。

わがやも子供がいるのでとくに住まいを探すときは子供の声や音についてよく考えて部屋を選ぶようにしています。

もちろん子供は子供らしく元気に生活するのが一番良いと思いますが都会だと音などの問題はどうしても起きやすいことでもあります。

集合住宅に住んでいるみんなが気持ちよく過ごしていけるのが一番良いと思います。

防音に優れた家に住んだり田舎の方の広い場所に住んでいたら特に音なんて気にならない問題かもしれませんが実際にそういった場所に住めない人の方が多いと思います。

都会だと家の間取りも狭く密集地が多いので騒音についてのトラブルも多いと言われています。

鉄筋コンクリートのマンションであったとしても夜間だったり夜中だと子供の声や走る音って意外と聞こえたり漏れたりしますね。

完全に音が漏れないというのは無理だと思いますが住まいを選ぶときに気を付ける点や防音対策のためのアイテムを紹介していきます。

騒音対策として

部屋選びは1階を選ぶ

わが家では住まいを選ぶときは、1階の物件を中心に探すようにしています。

2階を選ぶと子供の走る音が1階によく響いてしまいます。

子供は、朝でも夜でも元気いっぱいに家の中を走りまわったりするので1階の方が気持ちも楽になります。

ファミリー層が多い建物を選ぶ

こちらも部屋選びのときに意識しておくと良いと思います。

子育て世代が多い住まいは、お互い子供がいるので理解されやすいと思います。

わが家も今住んでいる住まいは、子育て世代が多い集合住宅に住んでいます。

年代も同じくらいの人が多いので住みやすいです。

逆に単身者が多い建物に住んでしまうと生活感も状況も違うので理解されず住みにくいのかなと思います。

ジョイントマットや防音用カーテンを使う

うちでは、厚手のカーテンや防音対策として床にジョイントマットを置いています。

ジョイントマットを置くだけでだいぶ足音も気にならなくなります。

ジョイントマットは、音を吸収してくれる効果があります。

楽器を弾く人にも音の響くのをいくらか軽減してくれそうです。

それ以外にも防音用カーテンを使うことで多少は、声の響きが違うかなと思います。(気休めかもしれませんが)

ジョイントマット

防音効果だけでなく何度も洗うことができるのでいつでも清潔で安心して使用できます。

防音カーテン

近所の人と仲良くしておく

子供の声や赤ちゃんの泣き声、楽器の音などは人によって不快に感じることもあります。

それがまったくの知らない人であればあるほどストレスに感じることがあるようです。

ですのであらかじめ近所の人とは、挨拶したり少しは顔なじみになっておけばトラブルを防げるのかなと思います。

いきなり仲良くするのは難しいと思いますで挨拶を心掛けることから始めると良いと思います。

子育て世代が多い建物であれば話しかけやすいと思いますし子供の話題などで気軽に話せると思います。

顔なじみになるだけでも大目に見てもらえる事もあるかと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事