ミュージシャンに必要な能力と才能について
ミュージシャン

将来プロミュージシャンになりたい!

音楽で食べていきたい!

と夢をいだいて頑張っている人やミュージシャンに憧れている人も多いと思います。

他の職業と比べるとミュージシャンは、特殊な職業だと思います。

ここまで弾ければ必ずミュージシャンになれる!

こうしたらプロになれるという明確なものがないのがミュージシャンでもあります。

高い技術力があればバンドが売れるとも限らないですし曲が良いだけでも

ミュージシャンに必要な能力

地道にコツコツやる能力が必要

ミュージシャンは、いつの時代でも下積みがあると思います。

なかなか売れない、仕事が少ない、雑用期間など大変な時期は誰でもあると思います。

これはミュージシャンに限らず職人の世界にも共通する部分だと思います。

色々なミュージシャンを見ていると下積みをコツコツ積んで努力してきた人というのは、業界でも長く残っている人が多いように思います。

逆に下積みが少なくポッと出てきてすぐいなくなってしまうミュージシャンもいます。

音楽に没頭できるか?

ミュージシャンに必要なのは、いつでもどこでも24時間音楽に没頭できるくらいの熱意も必要だと思います。

忍耐力と体力が必要

ミュージシャンに必要なことは、健康な体はももちろん忍耐力や体力も必要になります。

ツアーなどで長時間演奏したり移動したりミュージシャンは体力がいります。

また結果がでなくてもやり続ける根気と忍耐力がないと続かなくなってしまいます。

大きな目標を持つ

ミュージシャンになるには、目標を持つことが大事です。

いつか東京ドームでライブがやりたい!

武道館でコンサートをしたい!

目標があればそれに向かってどんな時も頑張ることができます。

逆に目標がないバンドは、観客に感動を与えるのは難しいと思います。

イメージ力も必要

こちらは、目標と似ていますが目標を持ったらそれが叶ったときのイメージができるかどうかも大切です。

夢はただ憧れるだけではなく目標を持ちイメージしてそこに向かって走り続けた人に叶うものだと思います。

プロミュージシャンになれる人となれない人の差

やり続けることだと思います。

ただ単にやり続けるだけでなく目標を一つ一つクリアしていくために努力すること。

また常に演奏技術を磨き、さまざまな音楽を吸収して新しいチャレンジをしていく人にはチャンスが回ってくることもあるかもしれません。

変化を恐れない

音楽の世界は日々、変化していると思います。

変化を恐れていたら振り落とされてしまうこともあるかもしれません。

その変化を楽しみ、さまざまなことを吸収したり学ぶことが大事です。

才能があれば成功できる?

音楽は、才能がなければいけない!

と思っている人も多いと思います。

才能があるからプロになれる人はもちろんいます。

ですがすべて才能があるからプロになったという人ばかりではありません。

たくさん挫折して失敗してそれでも下積みを積んできたことでチャンスを掴み取ったアーティストもいます。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事