ベース本体を持っているけどアンプを持っていないという人は、少ないと思います。

エレキベースの場合は、アンプを使って弾く場合がほとんどだからです。

ベーシストにとってアンプは必須の機材だと思います。

もしアンプを持っていなかったら買うことをおすすめします。

何故ならアンプで練習しているかしていないかでうまくなるか下手になるか決まってしまうからです。

ベースは、アンプで練習しないとうまくなれない!?

エレキベースは、基本アンプをつないで音を出す楽器です。

アンプを繋がないでライブをしたり人前で演奏する人はいないと思います。

エレキベースで大切なことは、ミュートです。

アンプに繋がないで弾いていたら余計な音を鳴らしていたとしても気がつかないしミュートも意識しなくなってしまうと思います。

うまいベーシストは、グルーヴだけでなくミュートもきちんと意識して余計な音を出さないように弾きます。

なのでアンプはベーシストにとってとても大事な練習には欠かせないものだと思います。

今回は、そんなベーシストにとって必須のアンプですが自宅用におすすめしたいベースアンプを紹介していきたいと思います。

ポイント
  • アンプを使わず練習するよりアンプを使ってベースを練習することで上達も早くなる
  • エレキベースは、ミュートが命

VOX ( ヴォックス ) / VX50-BA

4.5kgという軽量ながらも50Wというパワーがあるベースアンプです。

持ち運びも楽なのでミニライブでも使用できます。

しかも真空管サウンドの表現やエフェクターをかけたようなドライブ感のある音も作れます。

多彩な音作りと芯のあるサウンドを表現するおすすめのアンプです。

ポイント
  • VX50はとても軽量で持ち運びも便利
  • パワーもあるので小規模のライブでも十分な音が出せる

FENDER ( フェンダー ) / RUMBLE 15 V3

人気メーカーでもフェンダーのアンプです。

パワーがありクリアなサウンドが特徴的なベースアンプです。

15Wですが自宅用としては、十分なサウンドと音量だと思います。

音作りもシンプルな感じで使いやすいアンプだと思います。

Roland ローランド ベースアンプ

2.5W×2のRolandの小型アンプです。

小さいのに細かく多彩なサウンドを作り出すことができるベースアンプです。

家用ではありますがエフェクーも搭載しているので音作りも楽しめますね。

エフェクトは、リバーヴやワウ、コーラスなどのエフェクトを搭載しているので自宅で多彩な音作りや音のキャラクターを作り込むことができるのが特徴です。

アルカリの単三電池を6個入れれば約15時間も使えるので外で使いときにも便利だと思います。

最後に

ベースアンプにはいろいろな種類がありますがシンプルなものからエフェクトを搭載しているものなど色々なアンプがあります。

自宅で使う場合や外だったりライブでも使用したいなど用途によってアンプを選べると良いですね。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事