ベーシストにとってベース本体以外に必要なものとしてアンプなどが挙げられますが他にも必要なアイテムはいろいろあると思います。

ベーシストにとってアンプと同じくらい必須アイテムと言えばシールドです。

ベースとアンプがあってもシールドが無くてはベースとアンプを繋げることができないですからね。

シールドだったら何でも良いと思っているベーシストはけっこう多いのではないでしょうか?

ですが使うシールドによってベースの音も変化します。

それくらいシールド選びも重要なことです。

シールドも安いものから高価なものまでたくさんありますが消耗品でもあるためあまりに安いものを買うとすぐ壊れてしまったり良い音が出せなかったりします。

アンプで音を鳴らすベーシストにとってどのシールドを選ぶかによって良いサウンドや出せるか決まってしまいます。

もちろんシールドだけでなく弾く人の腕前も必要ですが良いシールドとしっかりとしたピッキングによってより良い音が出せると思います。

今回は、ベーシストにとっておすすめしたいシールドを紹介していきます。

Providence(プロビデンス)

プロで使っている人も多いシールドでもあるProvidence(プロビデンス)です。

プロのレコーディングやライブでも使用されることの多いシールドです。

僕も今プロビデンスのシールドを使用しています。

低音が出やすく音痩せやノイズも抑えるように設計されているシールドです。

また耐久性もありやや太めに作られているので丈夫だと思います。

価格は、少し高めですがクオリティも高く耐久性もあるので長く使用できると思います。

MONSTER(モンスター)

こちらのMONSTER(モンスター)のシールドも有名なメーカーの一つで愛用者も多いです。

名前のようにモンスターのようにパワーがある音、そして音が太くしっかりしたサウンドを出すことができます。

芯があるしっかりとした音なのでハードロックやメタル系の曲にも合いそうです。

CANAREのシールド

耐久性でかなり優れているのがCANAREのベースシールドです。

耐久性を重視している人やいろいろなライブで使うような使用頻度が高い場合やシールドがよく壊れてしまうという人にはおすすめしたいシールドです。

価格もそれほど高くなく一般の人にも手を出しやすい価格だと思います。

また耐久性だけでなくノイズも少なくサウンドも文句なしのベースシールドです。

色もカラフルで種類が豊富にありますので自分の好きな色のシールドを選ぶことができます。

見た目的にはポップな感じのシールドですが高品質でしっかりした作りのシールドです。

最後に

シールドは、アンプとベースをつなぐ重要なケーブルであることは間違いありません。

それだけにシールドによって音も違ってくるので耐久性、サウンド、ノイズなどに優れたシールドはそれだけ価格も高いものが多いです。

シールドは長く使用するためにもしっかりと選んでいきたいですね。

 

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事