エレキギターの弦の種類は豊富

エレキギターの弦はたくさんのメーカーから発売されています。

たくさんの種類があるためギタリストでも悩んでしまうと思います。

弦は種類によっても違いがあります。

弦によっても音の響から音の伸び(サスティーン)、弾きやすさなども変わります。

また弦の太さ、弦の素材を変えるだけでも音は変わります。

自分が求めている音や自分に合った弾きやすいエレキギターの弦を見つけたいですよね。

エレキギターの弦はベース弦より価格が安いですが消耗が早く交換する回数が増えてしまう特徴があります。

それぞれの弦の違いについて

ゲージの違い

エレキギターは、弦の太さによっても音が変わります。

太い弦の特徴

太い弦は、低音が強調されより重圧感がでます。

弾きやすさですが弦が太くなるので弦を押さえる力も強くなるので初心者には弾きにくいと感じるかもしれません。

細い弦の特徴

細い弦は、繊細で端切れの良い音や整ったシャープな音が特徴です。

弦が細いと押さえる力も弱いので初心者や女性には弾きやすいと思います。

弦の素材

弦の素材には、次の3つがあります。

弦の素材は、音を決める重要な要素でもあります。

ニッケル

ニッケルは、エレキギターの弦の中でも一般的な素材です。

サビに強く価格も押さえられているのでニッケルを好んで使っている人も多いです。

ステンレス

ステンレスは、素材が固く耐久性があるので長持ちします。

音は端切れの良い感じでカッティングにも向いています。

コーティング

コーティング弦は、特殊なコーティングを施すことで錆びにくく劣化を抑えることで弦が長持ちします。

ニッケルやステンレスと比べても非常に長持ちします。

価格は、ニッケルやステンレスより高いです。

おすすめの人気エレキギター弦

アーニーボール/ERNIE BALL

アーニーボールは、エレキギターの中でも最も人気が高く世界の有名なギタリストにも愛用されています。

音抜けがよく弾きやすいとギタリストの中でも評価も高いです。

僕もアーニーボールをよく使用していました。

弾きやすくスライドもしやすくバランスの取れたサウンドを奏でることができます。

ERNIE BALL ギター弦 EXTRA SLINKY エクストラ・スリンキー (08-38) 

ERNIE BALL ギター弦 SUPER SLINKY (09-42) 

ERNIE BALL ギター弦レギュラー (10-46) 

ERNIE BALL ギター弦 SKINNY TOP HEAVY BOTTOM SLINKYスキニ―トップ・ヘビーボトム・スリンキー (10-52) 

ダダリオ

ダダリオのエレキギターの弦は、非常に安定している弦としてギタリストの中でも人気の高い弦になります。

価格もリーズナブルでコストパフォーマンスにも優れた弦です。

EXL120

EXL120は、ゲージが9~42になります。初心者おすすめの弦です。

EXL110

EXL110+

エリクサー/Elixir

最近では、エリクサーだけでなく他のメーカーからもコーティングされた弦が出ています。

エリクサーが登場して使用したときはビックリしました。

ここまで錆びにくい弦があったのかと思いました。

価格は高めですが汗や錆びに強くいつも張りたてのような感触のエレキギター弦です。

Elixir エリクサー エレキギター弦(09-42) 

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事