【ボーカリスト必見】マイクに使うコロナ対策グッズを紹介

こんにちは。ひつじです。

コロナが流行して各国でロックダウンなどが起こったり日本でも緊急事態宣言が出てから1年経過しました。

いまでは外でマスクをすることは当たり前になりました。

逆にマスクをしていない人を探す方が大変です。

いまだにコロナは収まる気配がなく変異株など感染力の強いウイルスが蔓延しているためにまだまだ長期戦になるのではないかなと思います。

手洗いやうがいなど基本的なことですが徹底されている人も多いと思います。

今回はそんなコロナのなかでボーカルができる感染対策グッズを紹介していきたいと思います。

コロナにかからない、うつさないことが大事

コロナは飛沫や手で触ったものが口に入ったりすることで感染します。

ボーカルの場合はマイクを使うことが多いと思いますが同じマイクを使ったり歌うことでコロナに感染するリスクも高まります。

なので大事になってくるのが感染対策です。

スタジオだったり知り合いのボーカルリストでもマイクによる対策をしていることも見かけるようになりました。

コロナにかかってしまうと自分自身はもちろんですが周りの人にもうつしてしまうことにもなりかねないので感染対策をすることは大事だと僕は思います。

自分自身が楽しければよいのではなくみんなが楽しく過ごすためにも予防を心掛けましょう。

ボーカリスト必見の感染対策

ボーカリストの場合マイクを使う場合がほとんどだと思いますがマイクによってコロナに感染する可能性があります。

自分自身のマイクを用意したり使いおわったあとに消毒したりカバーをかけることでコロナ対策にもなると思います。

コロナにかかってしまったら自分自身だけでなく周りにも迷惑がかかるということも頭にいれておく必要があります。

今回はマイクを使うボーカリストができる感染対策グッズを紹介します。

マイクカバー

マイクカバーは簡単でてっとり早くできる対策だと思います。

不織布(ふしょくふ)を使っているのでマイクカバーを使うことでマイクにマスクをしているイメージです。

値段もお手頃で使い捨てなので使い終わったらゴミ箱に捨てるだけなので楽です。

ボーカリストだけでなく講演会やセミナーからyoutuberまでマイクをつかうすべての人におすすめできるアイテムです。

マイクの除菌スプレー

エタノールを使用した細かい噴射によるスプレーです。

マイク専用なので安心して使用できます。

マイクから10cmほど離してスプレーすることで除菌することができます。

日本製なので安心して使えると思います。

スプレーしたあとのすっきりしたミントの香りもよいですね。

最後に

今回はボーカリストやマイクを使うことが多い人にとって感染対策になるグッズを紹介させていただきました。

僕も録音とかでマイクを使用するので感染対策はしっかりやっていきたいなと日々思っています。

最近では高齢者だけでなく若い人でも重病化してしまうこともあるコロナですから日頃の対策はとても大事だと思います。

コロナで大変ななかではありますがそんななか音楽を楽しむためにも感染対策はしっかり行っていきましょう。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事