【騒音トラブル】音の大きさと音の基礎知識を学び音の気配りをしよう

自分ではなんでもないと思っている音でも騒音トラブルになることも少なくありません。

音というと生活から出る音や楽器などの音などさまざまな音があります。

アパートやマンションなどの集合住宅だと壁がくっついているために自分の出した音によって迷惑をかけてしまったりすることもあります。

戸建てであればアパートやマンションのように壁から離れているためトラブルも少なくなりますがそれでも近隣と音のトラブルに発展するケースもあります。

音楽家で音に関する悩みを持っている人もいると思います。

僕もアパートなどの住んでいるときに近隣との音のトラブルになったことがあります。

そのときは自分の出している音が自分ではそれほど気にならなかったのですが後々考えてみたら迷惑をかけていたんだなと思いました。

人と人のかかわりで生活しているわけですから自分だけが良いのではなく自らが工夫したり気を遣うことが大事だと思います。

音の大きさ

デジベル

音の大きさを図りたいときに使われる単位としてデジベル(dB)があります。

この単位を使うことでどれくらいの音の大きさなのかを知ることができます。

そしてその大きさがどのくらいの騒音になるのかを調べることができます。

通常の生活で好ましい音の大きさとしては45dB以下といわれています。

45dBは静かなところでもそれほど支障がでない音になります。

50dB以上になってくるとだんだん音が大きく聞こえてくるレベルになります。

ですが普通の人であればそれほど気になるものではありませんが神経質な人であれば気になってしまうかもしれません。

よく近隣で工事をしていてうるさいと思う音は大体90dBと言われています。

ピアノなども80~90dBくらいです。

生活から出る生活音

生活していくなかでごく自然に出る音は生活音と呼ばれています。

家庭生活のなかで出る生活音のなかには洗濯機や掃除機など深夜でも音が気になるものがあります。

これらは深夜での使用を避ける必要があります。

楽器から出る音について

次は楽器などから出る音です。

楽器の音に関するトラブルも非常に多いです。

さきほども伝えましたがピアノは90dBなので深夜でなくても昼間でも音がよく通ります。

ピアノの音が好きな人もいればピアノの音が気になり騒音ととらえる人もいます。

バイオリンなども苦情になるケースがあります。

楽器をやる場合は住環境はもちろんですが弾く時間帯だったり近隣の人にも理解してもらう必要があると思います。

集合住宅の騒音トラブルは多い

とくに気をつけたいのが集合住宅の騒音トラブルです。

戸建ての場合よりも集合住宅の騒音トラブルはとても多いです。

ちょっとした音だったとしても苦情になってしまうことがあります。

近隣に気を配ることが大事

音を完全に消すことは難しいですが夜の時間帯や音量を注意して近隣に対して気を配ることが大事だと思います。

自分だけではなく相手の身になって考えてあげることが必要ですね。

近隣の人と親しくなっておく

近隣の人と良好な関係を築いておくことで騒音トラブルも回避できることもあります。

たとえば当たり前ですが会ったら挨拶をしたり話したりすることで顔見知りになりますし相手のことを知っていることで聞こえてくる音のとらえ方も変わることがあります。

もし騒音トラブルが起きたら

もし騒音に関する苦情が来てしまったら管理会社や大家さんに相談しましょう。

個人間で直接話し合いをすると感情的になってしまって解決できなかったりさらにトラブルが大きくなってしまうことがあります。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事