【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

ギターをヘッドがついているのが当たり前と思っている人もいるかもしれませんが世の中にヘッドのないギターが存在します。

今回はヘッドがないヘッドレスギターについて紹介していきたいと思います。

ヘッドレスギターとは?

そもそもヘッドレスギターはその名前の通りヘッドがないギターのことです。

ヘッドがあるのが当然と考えられていた人たちはヘッドレスギターが登場したときはたいへん驚いたようです。

ヘッドレスギターが登場したのは1980年になります。

はじめてヘッドレスギターを開発したのはスタインバーガー社のギターになります。

当時はこのヘッドレスギターの登場でギターの常識をおおきく覆しました。

現在ではスタインバーガーだけでなくさまざまなメーカーからヘッドレスギターが登場しています。

ヘッドレスギターの特徴
  • ヘッド部分がないため普通のギターよりコンパクトで軽量
  • すこし異質で未来的なデザイン
  • 長時間の演奏での負担を軽減

ヘッドレスギターは未来的なデザインのギターと言われていましたが近年、さまざまなメーカーからヘッドレスギターが登場してきているので定着してきています。

「未来的」なデザインから「現代」のギターデザインを見られてきていますし確立してきていると言えます。

ギターを選ぶときにヘッドレスギターも選択肢の一つとしても良いのではないかなと思います。

ヘッドレスギターのメリット

ヘッド落ち、重量の改善

重いパーツ類などが集中しているヘッド部分は当然、重量もそれなりに加算されます。

その重い重量によって「ヘッド落ち」の原因になっていました。

ヘッド部分がなくなったことで全体の重さも軽減され長時間の演奏でも体への負担が少なくなっています。

また演奏するときの重量のバランスもよくなりより弾きやすくなっています。

ヘッドをぶつける心配がなくなった

ギターを持ったまま歩いたり移動するときにヘッドを壁にぶつけてしまったり周りのものに当たってしまうことがよくあります。

僕も何度もあり、他に比べてヘッド部分が傷ついてしまうということがよくありました。

ヘッドがなくなったおかげでぶつける心配がないですね。

ヘッドレスギターの紹介

strandberg/ストランドバーグ ヘッドレスギター

ストランドバーグはヘッドレスギター代表的なギターです。

弾きやすさを考えて設計されたギターであり音のサスティンも良いです。

ブリッジ部分は筒状のものに弦を入れてあります。

回すことでチューニングすることができます。

立ったときや座ったときにも弾きやすいように設計されたギターの形も特徴的です。

 

Ibanez ヘッドレスギター

アイバニーズのヘッドレスギターです。

ボディが薄くたってもすわっても弾きやすく設計されたギターです。

ストラップを高くしても低くしてもヘッド落ちがないから安心して弾くことができます。

10万円代としてお求めやすい価格帯になっている点もいいですね。

 

Batking

Batkingはヘッドレスギターの中でも低価格ではじめてヘッドレスギターを触るという人にも買いやすいギターです。

ネックは太くもなく薄くもないため通常のエレキギターと同じ感覚で弾けると思います。

全体的にコストパフォーマンに優れているヘッドレスギターです。

まとめ

ヘッドレスギターはコンパクトで軽量化されているので持ち運びが便利です。

ギターも物によって重量感があるのでヘッドレスギターであれば肩にかかる負担も軽減され長時間の演奏でも疲労感を減らせると思います。

またヘッドがない分、音の伸びもよくなりチューニングが安定しやすい点もメリットですね。

ヘッドレスギター1本持っておきたいですね。

【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事