都内でおすすめの家賃が安くて住みやすい地域7選まとめ
アパート

地方住まいの人にとって東京での暮らしは、憧れだと思います。

東京に住むことで得られるメリットは多いと思います。

ですが東京は、家賃が高いというデメリットもあります。

家賃が高いということは、毎月の固定費が高くなるので出費もその分大きくなってしまいます。

それでも東京に上京してくる人や引っ越す人は年間でたくさんいます。

それだけ東京には魅力があるのだと思います。

今回は、家賃が安い場所をピックアップしました。

これから進学や就職などで東京に来る予定がある人や上京しようと思っている人の参考になれば幸いです。

家賃の安いところまとめ

渋谷区(京王線/笹塚駅)

渋谷や新宿など都心へのアクセスがとても便利で休日だけでなく仕事帰りでも買い物やショッピングを楽しむことができると思います。

笹塚駅だとワンルームでだいたい4万円〜7万円くらいです。

探せば3万円代という物件もありますね。

渋谷だとなんとなく家賃が高いイメージを持っている人も多いと思いますが場所によって家賃も違ってきます。

僕も渋谷って家賃が高いのではないかとずっと思っていました。

笹塚駅周辺は新しい街並みではないですがとても落ち着いていて住みやすいと思います。

駅前にもお店が多くて便利です。

渋谷でも高いところは家賃も跳ね上がるので笹塚は穴場だと思います。

葛飾区(JR総務線/新小岩)

新小岩だと徒歩10分圏内で一番安くて3万円代の物件とかたまにあります。

5万〜6万円くらいだときれいめな1Kの物件なんかも出てきます。

新小岩は、駅前に商店街も広がって飲食店も多いです。

ルミエール商店街は屋根があるので雨の日でも傘を差さずに買い物ができるので便利です。

駅前から離れると静かで落ち着いており住みやすいと思います。

大田区(東急池上線/久が原)

僕が始めて一人暮らししていたときは大田区に住んでいましたが環境もよく家賃も探せば安い物件もあります。

東急池上線内を探せば安くて5万〜6万円でワンルームを借りることができると思います。

JR山手線の五反田までも近いし利便性も良いです。

久が原から8つ目の駅でもある戸越銀座の商店街は、お店がとても多くいつも活気が溢れています。

買い物や食事をしたいときにも便利です。

あとは桜が開花したらきれいな景色になる洗足池公園などもおすすめです。

練馬区(西武池袋線/中村橋)

練馬区は、畑や公園もたくさんあり自然や緑が多く落ち着いているので住みやすいと思います。

子供を育てるのにも力を入れており子育て世代などファミリー層も多く練馬区に住んでいます。

そのため治安も比較的よく都内へのアクセスも良いのでおすすめです。

ワンルームや1Kだとだいたい5万〜6万円くらいだと思います。

また練馬区は、東京23区の中では家賃が安い部類になっています。

板橋区(東武東上線/成増駅)

池袋に近く都心へのアクセスにも便利です。

商店街やスーパーが充実しているので買い物にも便利だと思います。

都内の家賃は練馬につづいて低めになっています。

だいたい1Kとかで6万円~7万円くらいだと思います。

杉並区(JR中央線/阿佐ヶ谷)

阿佐ヶ谷は、新宿や高円寺、吉祥寺にも近く買い物に困らないと思います。

阿佐ヶ谷は、比較的家賃も安くなっています。

パール商店街があり普段や休日などの買い物にも困らないです。

家賃はワンルームでだいたい 6万くらいだと思います。

八王子(JR中央線/八王子駅)

八王子は、都心から少し離れていますが駅前は栄えていてお店もたくさんあります。

高尾山も近いので休日に山登りも楽しめそうですね。

僕も高尾山何回か登ったことありますが山登り好きな人にはおすすめだと思います。

家賃相場としては八王子駅から徒歩10分圏内だと安くて4万〜5万円代でワンルーム、1Kを借りることができます。

人気のエリアから少しはずれると家賃も安くなる

都心でも人気のエリアは、家賃も高くなります。

ここは避けたい家賃の高いエリア

高級感のある街

港区の青山、南麻布、目黒区の中目黒、青葉台、世田谷区の下北沢など人気があったり芸能人のおすすめのお店なんかも多いです。

上記はほんの例になりますが上記以外にも高いエリアがあります。

このエリアで探すと1Kでも10万超えは当たり前になってきます。

家賃の相場もだいたい12万〜20万くらいでしょうか。

安いところを探すのであればこういったエリアははずしましょう。

もっと家賃を安くしたい

最寄り駅からの距離、築年数のこだわらない

物件は、最寄り駅からの距離によっても家賃が変わります。

最寄り駅から遠ければその分家賃も安くなります。

家賃を交渉で下げる方法

家賃は、あらかじめ決まっていますが交渉によって下げれる可能性があります。

1〜3月は、不動産屋の繁忙期なのでこの時期は忙しく家賃交渉の相談に乗ってもらえない可能性があるので避けましょう。

4月以降になると不動産屋も落ち着く時期なので狙い目です。

交渉したから必ずしも家賃が下がるわけではないのであしからず。

僕は今のところ引っ越すたびに家賃交渉をして家賃を下げてもらえています。

またいつも同じ不動産屋を使ったり常連になると良い物件を紹介してもらえる可能性もあります。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事