L'Arc~en~Cielは、1991年に結成された日本のロックバンドです。

日本のみならず海外ツアーなどを行いトップを走り続けてきました。

日本人初のアメリカ・ニューヨークにあるマディソン・スクエア・ガーデンで単独ライブを行うなど快挙を成し遂げています。

L'Arc~en~Cielは、楽曲の魅力や評価も高くすごい個性の集まったバンドだと思います。

ラルクはロックという一つのジャンルにとどまらない幅広い音楽を持っています。

またメンバーそれぞれが作詞と作曲をしたアルバムを発売するなどメンバーそれぞれの個性も発揮されています。

僕は、中学生や高校のときにL'Arc~en~Cielが好きで毎日のように聴いていました。

L'Arc~en~Cielは、憧れでもありましたね。

バンド名の由来

L'Arc~en~Cielのバンド名は、フランス語で虹という意味があります。

虹には願いを叶える力だったり良いことが起こる前ぶれなどの意味もあるようです。

虹には良い意味が強いので自分達の夢だったり目標のためにつけられたのかもしれませんね。

L'Arc~en~Cielの人気曲ランキング

ラルクにはたくさんの人気曲があります。

今回はその中でもおすすめの曲を10曲厳選しました。

もちろんこの10曲以外にも良い曲はたくさんあります。

DIVE TO BLUE

DIVE TO BLUE(ダイヴ・トゥ・ブルー)は、L'Arc~en~Cielの9枚目のシングル曲になります。

この曲は、ゴールドディスク賞も受賞して長い期間に渡ってランキングに入り人気の曲となりました。

アルバム「ark」に収録されています。

個人的にもめちゃくちゃ好きな曲でした。

HONEY

HONEYは、DIVE TO BLUEの次に発表された10枚目のシングル曲です。

「HONEY」は、「花葬」と「浸食 〜lose control〜」と一緒に3枚同時に発売されました。

オリコンランキングでも首位にランクインしました。

アルバム「ray」に収録されています。

winter fall

winter fallは、8枚目のシングル曲になります。

『シカゴ・ホープ2』の日本語版の主題歌にも使われました。

冬にぴったりの歌詞と楽曲と溶け込んでいるhydeの歌声が雪や冬のイメージを連想させてくれます。

Driver's High

Driver's Highは、17作目のシングル曲になります。

アルバム「ark」に収録されています。

ドライブ感と疾走感ある楽曲になっています、

ぜひドライブで聴きたくなる1曲だと思います。

RADY STEADY GO

RADY STEADY GOは、22枚目のシングル曲になります。

アニメ『鋼の錬金術師』のテーマ曲に使われました。

アルバム「SMILE」に収録されています。

flower

flowerは、5作目のシングル曲です。

アルバム「true」に収録されています。

瞳の住人

瞳の住人は、23作目のシングル曲になります。

この楽曲ではさまざまな楽器を取り入れてレコーディングされている。

ギターやベースなども多数重ねて録音されているようです。

エクシング「ポケメロJOYSOUND」のCMソングにも起用されています。

アルバム「SMILE」に収録されています。

snow drop

snow dropは、13作目のシングル曲になります。

フジテレビ系ドラマでもある「走れ公務員!POLICE WOMAN」の主題歌に使われていました。

冬の終わりから春に向けて進んでいくようなイメージの曲だと思います。

アルバム「ray」に収録されています。

虹は、7作目のシングル曲になります。

この曲は、旧メンバーでもあるドラマーのsakuraが脱退したのちにバンド再開後に発表された曲でもあります。

「劇場版 るろうに剣心」のオープニングテーマにも使用されました。

さまざまなことを乗り越え新たな一歩を踏み出すようなときにふさわしい楽曲に仕上がっています。

ラルクのメンバーにとっても想い入れの強い曲とされています。

アルバム「HEART」に収録されています。

New World

New Worldは、26作目のシングル曲になります。

日本テレビ系プロ野球中継番組のテーマソングにも使われていました。

この曲は、ドラマーのyukihiroが作詞作曲されています。

アルバム『AWAKE』に収録されています。

ポップで爽やかなイメージの楽曲でこの曲を聴けば新しい一歩を踏み出せそうですね。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事