【楽器の上達に必要なこと】楽器の上達には継続する事が一番の近道である理由
ウッドベース

こんにちは。

ベーシストのひつじです。

日頃、楽器を練習するたびに思いますが楽器を上達させるためには1に練習、2に練習という感じで練習がすべてだなと思うことがただただあります。

よっぽどの才能が合って練習しなくても弾けてしまう人は別ですがそもそも練習しなければ上達もないですからね。

楽器は、繰り返しの練習が大事だと言うことは言うまでもないことだと思います。

エレクトリックアップライトベースの練習

アップライトベースを初めて弾いてみて分かったこと

エレクトリックアップライトベースを初めて弾いてみて分かったことは、アップライトベースは、エレキベースとまったくの別の楽器だということです。

弾き方も指の感覚も全然違う。

またアップライトベースとウッドベースも弾き方は同じですがボディの大きさが違うため楽器によって弾きやすかったり弾きにくかったりすると思います。

まだまだ楽器自体に慣れていないこともあると思いますがエレキベースのように弾けないですね。

アップライトベースは、左手の弦を押さえる力がある程度必要だと思います。

またエレキベースの場合だと左手の人差し指から小指まで4フレット分押さえることができますがアップライトベースの場合は、3フレットまでしか押さえられないので弾き方が少し変わりますね、

またアップライトベースは、1フレット分が長いので左手をけっこう広げないといけないです。

同じ曲を演奏するのでも左指の押さえるポジションと弦の移動がエレキベースとか異なってくると思います。

楽器の上達には、練習と継続することが大事

楽器の上達には、練習が絶対不可欠

どんな楽器でもそうですが上達するためには、練習が一番大事だと思います。

だって練習しなくてうまくなった人はいないですから。

最初から天才的な能力を持った人は、練習しなくてもすごいから別かもしれませんが(笑)

自分みたいな凡人は、1にも2にも練習することが大事だなと感じますね。

練習って同じことの繰り返しだし退屈なイメージもあるかもしれませんが楽器を上達させるためには、絶対に必要なことだと思います。

毎日毎日できるまで繰り返し練習することは、重要です。

継続した練習が大事だなと僕は、つくづく感じます。

忙しい時は5分間の練習でも大事

プロの人に言われたことがありますが楽器は、1日5分でもいいから必ず毎日、触るようにした方がいいと言われた事があります。

そのときは、たった5分だけでうまくなるのかなと思いました。

1日に何時間もだらだら弾くより短い時間の中で練習する方が集中できると言われました。

確かに人の集中力って限りがありますよね。

短い時間だったとしても毎日練習したほうが体にしみつくし練習の効率も上がるようです。

楽器とともに生活する

これもプロの方に言われたことですが常に楽器とともに生活する意識を持つ。

寝るときも一緒に寝るくらいの気持ちが大事だということです。

自分も自宅でライブ前の練習していた時に楽器を弾きながら寝てしまったことがあります。

寒い冬だと風邪ひきますが(笑)

自分は、楽器とともに生活できる領域に到達していませんが楽器とともに生活することで楽器といつも一緒にいることが当たり前となり楽器が体の一部のようになるのではないでしょうか?

すごくうまいプロの人の演奏とか聞くと楽器が体の一部になっているように感じることがあります。

そういう人達は、常に楽器とともにいることが普通になっているんでしょうね。

楽器を一日休むと取り戻すのに3日もかかる

楽器を一日休むと取り戻すのに3日もかかる言われますがなるべく短い時間でも毎日弾く意識を持つと良いと思います。

現代人は、忙しい人も多いと思うので毎日練習するのが難しい人もいると思います。

難しいときは、寝る前とか起きたときに5分でも弾ける時間を作れると良いですね。

「 楽器を一日休むと取り戻すのに3日もかかる」という言葉が本当かどうかは分かりませんが短時間でも毎日楽器に触るということは、上達への近道だと思います。

楽器の上達には手っ取り早い方法や簡単な近道はない

楽器を早くうまくなりたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

もし手っ取り早く楽器が上達する方法があれば知りたいですよね?

でも楽器を手っ取り早く上達する方法はないのが現実だと思います。

楽器を上達させるためには、たくさんの練習が必要になってきます。

毎日コツコツ練習することで楽器に慣れていき上達につながっていくと思います。

また練習だけでなく人前で演奏したりいろいろな人達とセッションしたり経験を積んでいくことも上達につながっていきます。

楽器の上達には継続が大事

楽器の上達に近道はなくただ継続して練習することが一番の近道だと思います。

要するにコツコツやる人が最終的にうまくなるって事ですね。

最初から才能がある人は違うかもしれませんが毎日の小さな積み重ねがやがて大きくなるイメージでしょうか?

もし途中で辞めてしまったら上達への道も閉ざされてしまいます。

継続は力なりという言葉もありますが継続するということは、大変なことでもありますが継続して得られることも大きいのではないでしょうか?

イチロー選手の練習

イチロー選手といえばプロ野球の選手です。

音楽とは違いますがイチロー選手も地道な努力を継続してきたからこそ上達して大きな目標も成し遂げることができていると思います。

イチロー選手は、小学生の頃から「小さな練習の積み重ねが大事」だと気が付いたようです。

それで小学校から帰ると外が真っ暗になるまで父親と一緒に野球の練習をしたそうです。

しかも毎日かかさずに続けたそうです。

今では、プロの選手となったイチローですが9歳のときに野球を始めてから継続してコツコツ練習と努力を積み重ねていったようです。

近所の人や知り合いから非難されることもあったようですがそれでも諦めずの練習を続けました。

すごいですよね~。

野球と音楽とは畑が違いますが「小さな練習の積み重ねが大事」というのは同じことだと思います。

時間を掛けて小さな積み重ねを続けることで上達していくということですね。

これは野球や音楽だけでなく勉強とか英会話とかいろいろなことに共通して言えることだと思います。

毎日継続することが目標達成への道

イチロー選手みたいに毎日毎日小学校から帰って壮絶な練習を続けるのは本当に大変なことだと思います。

人は、楽して生きたいという気持ちや怠けたい気持ちが湧いてくる生き物ですから。

毎日続けるというのは、実はすごく難しいことなんじゃないかなと思います。

好きだからこそ続けられる部分もあるかもしれませんが途中で続けるのが難しくなることもあると思いし簡単なことではないと思います。

イチロー選手のような練習はできないと思いますが毎日少ない時間でもコツコツ練習することは、少しハードルが減ると思います。

「小さな練習の積み重ねが大事」 という言葉があるように楽器も一日少ない時間でも継続することで結果が出てくると思います。

毎日継続することが目標達成への道だと思います。

そして諦めなければ必ず上達するということだと思います。

最後に

エレクトリックアップライトベースを弾き始めて1週間が立ちますが左腕の体力や握力が少し足りないなと思い鍛えていこうと思いました。

最近では、アップライトベースの練習以外にハンドグリップなどを使用して握力を鍛えようと実践しています。

握力や腕の力をつけて長時間の演奏にも耐えれる基礎体力を作っていきたいなと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事