ギタリスト、ベーシストのみなさんは楽器用のスタンドを使用していますか?

楽器用スタンドは大切な楽器の転倒を防止させたり保管するうえでなくてはならないアイテムだと思います。

スタンドを使っている人もいると思いますが中にはスタンドをまだ使っていないという人もいるのではないでしょうか?

楽器の管理や保管の仕方は人それぞれ違うと思います。

楽器を管理する上で良くないケース

壁に立てかける

これはけっこう危ないと思います。

壁に立てかけておくと不安定なのでぶつかったりすると倒れやすいです。

万が一倒れてしまったときに楽器の各パーツなどの破損や故障の原因にもなります。

自分の愛用のベースが壊れてしまったら元も子もないですね。

ポイント

楽器を壁に立てかけていると不安定で万が一倒れたときに大切な楽器が破損してしまうことにもなるので気をつけましょう!

床に置きっぱなしにしている

上で紹介した壁にたてかけると同じでこちらも楽器を保管するうえで良くないことです。

床に置きっぱなししていると足をつまずいたりしてこける可能性があります。

また床に置いておくと楽器スタンドを使うよりも部屋のスペースを無駄に使ってしまうのでおすすめできません。

ポイント
床に大切な楽器を置きっぱなしにしているとつまづく可能性があるのでやめましょう!

ソフトケースにしまっている

ベーススタンドを使わず毎回ソフトケースから楽器を取り出して練習しているという人もいると思います。

ソフトケースにしまうというのは管理としては間違っていません。

ですが毎回ソフトケースから出して練習して終わったらまたソフトケースにしまうという作業って意外と手間だと僕は思ってしまいます。

今日はベース練習しようかなと思っていてもそふとケースから出すのが面倒だから今日はいいかなんて思ってしまうこともあるかもしれません。

またソフトケースごとクローゼットや押し入れにしまっているというケースもありますね。

普段生活している中で見える位置に楽器を置かないと練習をさぼってしまう原因にもなります。

ポイント
ソフトケースにしまったままにしていると練習しなくなってしまったりする原因にもなるので楽器スタンドを使いましょう!

スタンドを使うメリット

楽器スタンドを使っていないという人はぜひスタンドを使うことをおすすめしたいです。

楽器スタンドを使うことで得られるメリットもたくさんあります。

練習不足を防ぐ

目につく位置に楽器を置くことで練習不足やさぼり癖を防ぐことができます。

倒れたり壊れる心配が減る

スタンドにベースを置くことで倒れる心配も減ります。

楽器は倒れるとパーツが壊れたりネックが曲がる可能性もあるので倒れないようにスタンドを使うことをおすすめします。

すぐに練習できる

スタンドに楽器を置くことで練習しようとしたらすぐチューニングして練習を開始することができます。

ケースのように取り出す作業がいらないので効率的だと思います。

スタンドの種類とおすすめスタンド

それでは、スタンドの種類とおすすめのスタンドを紹介していきます。

スタンドといっても種類も豊富にありますし値段もさまざまです。

たくさんありすぎてどれが良いかわからなくなってしまいますよね。

そこでいろいろな楽器スタンドを使用してきた僕がおすすめの楽器スタンドを紹介していきたいと思います。

立てかけるタイプの楽器スタンド

一番使っている人が多いのがこの立てかけるタイプのスタンドだと思います。

安くて1000円前後で購入できます。

安いですが十分な転倒防止になると思います。

見た目もすっきりしていてインテリアとしても良いと思います。

吊り下げるタイプのスタンド

ある程度の重量にも耐えられるスタンドになります。

吊り下げるタイプならフライングVなどの変形ギターでも使用できます。

コンパクトで折りたためるスタンド


コンパクトに折りたためるので持ち運びにも楽なスタンドです。

複数立てかけるスタンド


こちらは楽器を複数所有している人におすすめのスタンドです。

場所をとらずにコンパクトに立てかけることができるスタンドになります。

最大7個まで立てかけることができます。

気になるところとしては、固定になっているわけではないので少しグラつきがある感じですかね。

最後に

楽器を日々練習する人にとっては楽器スタンドはなくてはならない必須アイテムでもあると僕は思います。

練習する効率も上がりますし楽器の保管するうえでもメリットは大きいです。

もし楽器が弾けなくなったり長期間保管する場合ときにはなるべくハードケースなどにいれて保管した方が良いと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事