【作曲・編曲】プロとして譜面作成におすすめの音楽ソフト厳選2選
パソコン

近年はデジタル化がどんどん進んでいますね。

まだ譜面を手書きで書いているという人も多いと思います。

これから音楽を仕事にしていくのであれば音楽ソフトを使える方が仕事の効率化にもつながるしできる仕事の幅も増えていくと思います。

音楽に限らずどんな仕事をするにしても今は最低限パソコンが使えるということが必須になってきています。

むしろパソコンを使わない仕事の方が減ってきています。

音楽業界も同じで演奏するだけならまだしも音楽講師や作曲家、サウンドクリエイター、DTMなど音楽に関連したさまざまな職種で音楽ソフトを使用することが当たり前になってきています。

基本的なパソコンの操作だけでなく音楽ソフトを使い作曲したり譜面を作るスキルは、身につけておいて損はしないと思います。

音楽ソフトは、操作になれたり使い方を覚えるまでが大変だと思いますが何度も触って慣れていくことで譜面を作ったりする作業も早くなっていくと思います。

音楽ソフトを使うメリット

音楽ソフトを使うメリットとしては、手書きで譜面を作るよりきれいで見やすい譜面が作成できる点です。

また作成した譜面を実際に再生して音を確かめることができるのも手書きとは違う大きな差だと思います。

作曲家や編曲家など昨今では、音楽ソフトを使えることが当たり前となってきています。

演奏家だったとしても音楽ソフトを使えることでできる事の幅が広がっていきます。

音楽ソフトの使い方としては、人が演奏するために作る譜面作成だったりソフトに演奏させるための使い方などがあります。

音楽ソフトのメリット
  • 手書きよりきれいで見やすい譜面を作成することができる
  • 譜面を作ったら実際に流したときの音を確認できる
  • パソコン上でデータをためて置けるのでデータの管理が楽

これだけは抑えておきたいおすすめの音楽ソフト

Finale | フィナーレ / 楽譜作成ソフト

世界標準で使われている大手の音楽ソフトの一つと言えば「Finale」の名前が挙がってきます

Finaleを使うメリットとしては、圧倒的な機能の多さだと思います。

多機能なだけにいろいろな機能を覚えたり慣れるまでに時間がかかりますが知名度が高いのでネットで検索すれば操作に関わるたくさんの情報を得ることができます。

こちらのソフトはギタリストとして有名なスティーヴ・ヴァイも使っているようです。

シベリウス

こちらもFinaleと同じく多くのプロによって一番スタンダードな音楽ソフトとして使用されています。

音楽ソフトで譜面を作ることによって伝わりにくい音の細かいニュアンスや表現なども再現することができます。

また作成したファイルを相手にメールで送ることができるので音楽のやりとりがスムーズになります。

楽譜は、万国共通なので正確な譜面を作成することによって海外の人や言葉が分からなくても正確に伝えることができます。

音楽ソフトが扱う職業

作曲家

今では作曲するだけでも音楽作成ソフトを使用することが多いです。

作曲家になるには良い曲や良い譜面を作る能力が必要になってきます。

DTMクリエーター

DTMクリエーターとは、その名の通りパソコンや音楽ソフトを使い作曲や編曲などの音楽制作する職業です。

DTMクリエーターを目指すためにスクールや専門学校、大学などでソフトの操作やDTMを学ぶ人もいるようです。

平均年収としては、400~500万くらいだそうです。

サウンドクリエイター

サウンドクリエーターの職業は、音楽ソフトなどを使いCMや映画、アニメ、映画などの音楽を作る仕事になります。

平均年収としては、400~500万くらいだそうです。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事