スタジオミュージシャンの気になる働き方と収入となり方について
ピック弾き

スタジオミュージシャンという職業がどのような仕事をするのか知っていますか?

スタジオミュージシャンといえば有名アーティストなどのバックで演奏する姿を想像される方が多いと思います。

有名バンドと同じようにスタジオミュージシャンは一見華やかなミュージシャンに見えるかもしれません。

ですがその裏ではスタジオミュージシャンは高い演奏能力や信頼、営業能力が必要になり日々地道な努力をしてやっとスタジオミュージシャンになる方も多いです。

今回は、スタジオミュージシャンの働き方や収入、そしてスタジオミュージシャンになる方法について紹介していきたいと思います。

スタジオミュージシャンとは

まずスタジオミュージシャンとは特定のバンドに所属せずに歌手やバンドのレコーディングやライブなどの演奏サポートをするのが役割となります。

スタジオミュージシャンの働き方としては、どこかのプロダクション、レコード会社に所属して演奏する仕事をもらう場合とフリーとして演奏の仕事をもらう場合の2種類があります。

最初は、どこかのプロダクション、レコード会社に所属して知名度、実力、信頼をつけてフリーで独立するという人もいるようです。

基本的にはスタジオミュージシャンになるにはデビューしているバンドより高い演奏能力、音楽的センスが求められます。

誰よりも演奏に自信がある人であればスタジオミュージシャンを目指すのもよいと思います。

プロダクション、レコード会社に所属(または契約している)場合

プロダクションに所属してるスタジオミュージシャンだとプロダクションからさまざまな演奏の案件などの仕事をもらうことができます。

プロダクションに所属していると仕事が比較的に取りやすいというメリットがあります。

フリーの場合

フリーの場合は、仕事をすべて自分で取る必要があります。

自分で営業したり交渉したりする能力が必要になりますが高い実力、信頼、人脈をもっている人であればプロダクションに所属しているスタジオミュージシャンよりもたくさん稼ぐことも可能です。

スタジオミュージシャンの報酬について

スタジオミュージシャンはどれくらい稼いでいるのでしょうか?

実はスタジオミュージシャンはフリー業でもあるので収入も人によってピンキリになります。

もちろん仕事がなければゼロです。

また報酬についても案件によってさまざまなので決まっていません。

たくさん稼いでいるスタジオミュージシャンもいればあまり稼げないスタジオミュージシャンもいます。

スタジオミュージシャンでもサラリーマンよりも稼げない人もいれば年収何千万円も稼いでいる人もいます。

スタジオミュージシャンになるには

それではスタジオミュージシャンになるにはどうしたらよいのでしょうか?

スタジオミュージシャンに必要なものを紹介していきます。

高くて正確な演奏能力がある

スタジオミュージシャンに絶対的な条件があるとしたらやはり高い演奏能力があることだと思います。

さまざまなアーティストのサポートをしなくてはいけないのでどんなジャンルの曲でも正確に弾ける必要があります。

たとえスタジオミュージシャンになれても高い演奏能力がなければ次の仕事がこない可能性もあります。

スタジオミュージシャンとしてやっていくには高い演奏能力がなければ継続することすら難しい世界でもあります。

実績、信頼、人脈、コミュニケーション能力が高い

たとえスタジオミュージシャンになれてもスタジオミュージシャンを続けていくには信頼、実績、人脈、コミュニケーション能力が必要になります。

実績をつくり信頼をつくらなければ継続して仕事をもらうことはできません。

また実績や信頼を積むことで報酬や仕事量も増えていきます。

また仕事のさまざまな要望などに応えるためにもコミュニケーション能力も必要になります。

ただ仕事をすればよいのではなくしっかりクライアントの要望をくみ取り演奏に反映していかなければいけません。

スタジオミュージシャンのオーディション

スタジオミュージシャンの求人やオーディションなどを行っている会社もあります。

音スト/音楽オーディション情報

オーディション情報が掲載されている音ストというサイトがあります。

こちらではさまざまなスタジオミュージシャンのためのオーディション情報が掲載されています。

気になるものがあればオーディションに応募してみましょう。

スタジオミュージシャンは厳しい世界?

スタジオミュージシャンは厳しい世界だと思っています。

自分達がいつも聞いている有名バンドの演奏にはさまざまなスタジオミュージシャンが裏で演奏されています。

スタジオミュージシャンがいるからこそ良い音楽や演奏を聴くことができます。

ですがスタジオミュージシャンは高い演奏能力から実績、信頼、知名度、コミュニケーション能力などさまざまな高いスキルが必要になるので継続して仕事を取っていくのが大変な世界でもあります。

音楽がただ好きなだけでは続かない世界でもあると思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事