ミュージシャンとクラウドソーシングとの兼業
働き方

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

数年前からよく耳にする機会が増えてきた「クラウドソーシング」とは何か?

クラウドソーシングを利用して仕事をしていくというやり方がだんだんと浸透してきています。

クラウドソーシングのみで仕事をしている人もいれば本業のミュージシャンをしながらクラウドソーシングと兼業して働く人もいます。

クラウドソーシングとは?

今までは、一つの仕事をするのが当たり前とされてきた時代がありました。

ですが今では、ミュージシャンをやりながら副業をしたりサラリーマンをしながら副業するなど複数の仕事をするケースも増えてきています。

それだけ働き方も時代に合わせて多様化してきているのだと思います。

クラウドソーシングは、基本的にパソコン一つあれば仕事を依頼したり仕事を受けることが気軽にできるようになりました。

僕もクラウドソーシングを利用して仕事をしていました。

実際には、

まずクラウドソーシングとはどんなサービスなのか?

そもそもクラウドソーシングって何だろう?と思う方もいるかと思います。

ソーシング(sourcing)とは、業務委託という意味を指しておりクラウドソーシングとは、ネット上で仕事をしたい人と仕事を依頼したい人が集まりそれぞれやりとりをするサービスということになります。

クラウドソーシングを利用することで実際に顔を合わさなくてもネット上で仕事を完結させることができるという利点を持っています。

なのでわざわざ会社に行かなくても仕事ができたり融通をきかせて働くこともできるのでミュージシャンとして活動している人にとっては、兼業にして働きやすいサービスだと思います。

現在までにクラウドソーシングの市場が拡大中

たしか2011年あたりから徐々にクラウドソーシングというものが定着してきています。

実際には、クラウドソーシングのみで生計を立てているフリーランスの方も増えてきています。

クラウドソーシングってどんな仕事がある?

クラウドソーシングには、タスク方式、プロジェクト方式、コンペ方式などがあります。

タスク方式

タスク方式は、割と楽な作業が多く誰にでもできる簡単な軽作業になります。

プロジェクト方式

プロジェクト方式とは、短い期間から長い期間まで案件のようにそのプロジェクトが終わるまで作業を行います。

コンペ方式

そしてコンペ方式は、さまざまな人がアイデアや作品を出しそこから選ばれた方が報酬を受け取れるものになります。

クラウドソーシングを行っているサービス会社

それではクラウドソーシングを行っているサービス会社を紹介していきます。

ランサーズ

ランサーズは、クラウドソーシングの中でも知名度が非常に高いです。

個人でも企業でも利用者が多いことが特徴です。

また登録者も多いので案件の掲載数もかなり豊富ですね。

一時期、テレビでも紹介され話題になりました。

案件のジャンルも多く案件内容も充実しているので仕事を探す立場も仕事を依頼する立場もわりと早く仕事を探したり依頼することができると思います。

クラウドソーシングを利用しているバンドマンも増えている

さまざまなクラウドソーシングを行っている事業も増えてきています。

バンド活動をしながら自宅でフリーの仕事として制作を受けたりする方も多くなってきおり複数の仕事をする働き方そのものが多様化してきていると言えますね。

クラウドソーシングを使うことで副業としても兼業としても働きやすい選択肢が増えてきたと思います。

普段、音楽活動をしていてもう一つ収入の柱を考えている方にはおすすめのサービスだと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事