【バーチャルオフィス】独立や開業を考えている方に!バーチャルオフィスに向いている人
【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

これから独立や開業を考えている人やすでにされている方もいると思います。

バーチャルオフィスという言葉を聞いたことがある人もいると思います。

バーチャルオフィスはこれから独立や開業を考えている人やすでに開業されている方にも注目されているサービスになります。

たとえば普通に独立や開業をするためにオフィスを借りると初期費用として数十万円くらいがかかってしまいます。

独立当初だと資金に余裕のない方もいると思います。

そんなときに初期費用を少しでも抑えたいというのは誰しも考えることだと思います。

そこでバーチャルオフィスを利用することでコストを抑えつつ独立や開業をすることができます。

また月額にかかる料金が安くコストを削減できるだけでなく開業に必要なサービスを利用することができる点がバーチャルオフィスの特徴です。

もちろんバーチャルオフィスにはメリットもあればデメリットもあるのでどちらも理解した上でバーチャルオフィスが必要と思う人にはおすすめできるサービスだと思います。

バーチャルオフィスに向いている人は下記のような人になります。

バーチャルオフィスをおすすめしたい人
  • 自宅の住所を公開したくない人(プライバシー確保のため)
  • 都心部の住所を借りたい人
  • 自宅を登記することができない人
  • 初期費用などのコストを抑えたい人
  • ほぼ自宅だけで仕事ができる人

それではバーチャルオフィスについて詳しく紹介していきたいと思います。

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスを簡単に説明すると「架空の事務所」です。

実際に事務所を契約したり入居をしないで事務所としての住所、電話番号などを利用することができるサービスになります。

架空の事務所ですが名刺、パンフレット、ホームページなどに住所や固定電話番号を表示したり利用することができます。

また架空の事務所に届いた郵便物を希望の転送先に発送したり、会議室、打ち合わせスペースなどを時間単位で使用することができます。

バーチャルオフィスは副業や起業に人気

バーチャルオフィスは事務所をわざわざ探す手間も省ける点と初期費用や固定費などのコストを抑えることができるのでこれからフリーランスやサラリーマンをしながら副業を考えている人にとても便利なサービスになっています。

通常開業するときには事務所を探す手間だけでなく契約手続きからはじまり、敷金礼金、仲介手数料、ネットの工事費、仕事に必要な機器、毎月の賃料から光熱費・通信環境などの固定費が発生します。

これは売上が少ない初期だと大きな負担になりますよね。

そこをバーチャルオフィスを利用することで負担を大幅に減らすことができるのが特徴です。

バーチャルオフィスのおもなサービス

バーチャルオフィスのおもなサービスは下記になります。

住所を貸してくれる

バーチャルオフィスを利用することで自宅住所の登記をしなくてすみます。

通常、会社を設立する場合には登記簿というものに住所を記載する必要があります。

こちらは手続きや手数料が必要になります。

ですがバーチャルオフィスを利用することで住所を貸してもらえるので面倒な手間が必要ありません。

電話の転送サービス

バーチャルオフィスでは電話の転送サービスを提供しているところがあります。

そのほかに電話の対応の代行サービスがあるところもあります。

専用電話番号を取得できるところもあるので料金やサービスなどは事前に確認しておきましょう。

郵便物の受け取りと転送

郵便物の受取や転送サービスがあるのがバーチャルオフィスの便利なサービスの一つです。

オフィスに届いた郵便物を指定した住所に転送してくれます。

郵便物の転送や回数、料金については事前に確認しておきましょう。

会議室や打ち合わせスペースの利用

バーチャルオフィスでは会議室や打ち合わせスペースが提供されている場合が多いためもし必要な場合には会議室を利用することができます。

クライアントととの打ち合わせ場所がないなどの問題を解決できます。

バーチャルオフィスにはデメリットもある

バーチャルオフィスは初期費用を抑えたりさまざまな便利なサービスが受けれたりとメリットもとても多いです。

ですがデメリットもあるのでそちらについても理解しておきましょう。

郵便物の受け取りが遅くなる

バーチャルオフィスを利用していると通常より数日ほど郵便物の受け取りが遅くなってしまうことがあります。

それは郵便物がバーチャルオフィスの住所に一旦届くためためです。

また郵便物の内容によっては受け取りが不可の荷物もあるため事前に確認しておきましょう。

ほかの事務所と住所が重複する

バーチャルオフィスはほかにも多くの人や企業が利用しているので他の事務所などと住所が重複する場合があります。

これは信頼性によるデメリットになります。

ネットとかで住所を検索すると同じ住所の異なる企業がヒットするのでバーチャルオフィスだと分かる可能性が高いです。

銀行の法人口座が開設できない

バーチャルオフィスを利用していると実際に事務所を借りている人に比べると銀行口座開設の審査は厳しいです。

銀行によって審査基準は様々ですが悪用されたケースがあり最近では厳しくなってきています。

まとめ

便利なサービスがたくさんありメリットも多いですが利用するまえにしっかり詳細を確認しておく必要があります。

バーチャルオフィスを検討しているのであれば事前に利用できるサービスや内容、料金、サービスの質なども調べておきましょう。

バーチャルオフィスといっても業者によってサービスや質はまちまちなのでしっかり確認しておくことが大事です。

【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事