時間を守ることで人を大切にでき信頼を得ることができる理由
【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

世の中には、時間をキッチリ守れる人と時間をまったく守ることができない人がいます。

時間を守るというのは人と関わり合いや仕事をするうえでもとても大切なことです。

時間を守るということは結果、人を大切にすることができたり人から信用されることにも繋がっていくと思います。

たとえば時間をキッチリ守るA君と時間をいつも守れないB君がいるとしましょう。

二人のおおきな違いが生まれます。

時間をキッチリ守るA君は時間をとても価値あるものだと思っているので相手のことや相手の時間も大切にする傾向があります。

また時間を守らないB君は時間の価値が分からないため相手のことや相手の時間も大切なものとして考えることができない傾向があります。

あくまで僕自身が感じ内容ですのでご了承ください。

二人の違い

どちらと仕事をしたいか?

さきほどのA君とB君が同じ職場だとしたらどちらと一緒に仕事したいと思いますか?

ほとんどの人がA君と答えると思います。

時間を守るのは相手や仕事を大切に思うこと

時間を守るということは大切なことです。

時間を守るというのは子供であってもたとえ大人になってからもずっと大切な約束なのです。

だって時間はお金では買うことはできません。

時間を守る人というのは一緒に過ごす友人や仕事の時間などを大切に思っているということになります。

たとえば友達がいつもいつも待ちあわせに遅刻して来るとしたらどうでしょうか?

友達が約束の時間に遅れてくることで友人との楽しく過ごす時間が減ってしまいますし楽しい気持ちも薄れてしまいます。

人によってはかなしくなるかもしれません。

時間を守るというのは人も大事にするとうことにつながっていくと思います。

時間の管理は大事

仕事での納期

仕事の話になりますがほとんどの仕事には納期が決められています。

納期はお客さんと話し合いで決めることが多いと思います。

ですがいくら良い商品を作ったりサービスを提供したとしても納期を守ることができなければ相手からの信頼を失ってしまったり作ったものの価値を低く見られてしまいます。

納期を守るというのは、仕事においてとても重要なポイントです。

納期を守るというのは当然のことでもありますし守ることができなければその仕事が次につながらない可能性もあります。

また会社でよく遅刻して出社する人もいますね。

遅刻をすることで社内の評価が下がったり会社からの信頼もなくなってしまいメリットはありません。

毎日遅刻する人は社会のルールを守ることができない人だと思われ重要な仕事を任されなくなります。

時間を管理をするには

時間が守れない人や苦手な人は日頃から10分前行動を意識するようにしたりやるべきことタスクを可視化すると良いです。

いつも待ち合わせ時間に遅れてしまうという人はぴったりの時間ではなく向かう途中で何かあっても間に合うように余裕をもって行動することが大事です。

また仕事において時間を守れない人はやるべきことの優先順位を決めることが重要です。

自己管理ができる人は時間もうまく管理することができるようになります。

朝の時間を活用する

僕は大事なことは朝や午前中に行うようにしています。

それは朝や午前中のほうがやるべきことや仕事などの集中力も高く効率的だからです。

いかに効率よくできるかを常に考えて行動することが大事です。

まとめ

時間を守ることはとても大事なことだと分かったと思います。

時間を守ることで人を大切にすることができ信頼へとつながっていきます。

時間の管理はうまくスケジュール管理をしてたとしても自分をうまくコントロールしたり管理することができなければ時間の管理も難しくなってしまいます。

ぜひ自分の時間も相手の時間も大事に考え、時間を守ることは信頼につながると考えてみてはいかがでしょうか?

【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事