【住まい選び】家を買うか?賃貸か?永遠のテーマである理由
住宅

家を購入するか賃貸にするかは永遠のテーマである

音楽家にとってもそうじゃなくても一戸建てを持つということは夢ですよね。

わが家も一軒家かマンションを購入するか?それとも賃貸にずっと住み続けるかで悩みました。

どちらにもメリットやデメリットがありますが今回は賃貸派の人の意見を聞いてみました。

賃貸派の意見

子供が独立したら広くなってしまう/管理が大変

広い一軒家やマンションを買ってしまうと子供が小さいうちは良いですが子供が独立したら部屋が余ってしまいます。

雑費がかかる

購入するとしばらくは、家の中のものが新品なのですぐに壊れることはないと思います。

ですが10、20年と長く住んでいるとものが壊れたり修理に余計なお金がかかるようになっていきます。

特に水回りは、古くなると修理や交換なども増えていきます。

賃貸なら壊れても備え付けのものであればだいたい大家さんが負担してくれますが一軒家やマンションを買うとすべて自己負担になります。

確かに自分たちで好きなものに付け替えたり自由度が高いですがその分出費も多くなるというデメリットがあります。

固定資産税がかかる

あと大きいのは、固定資産税を払い続けなくてはいけない点です。

ずっと払い続けてると結構な金額になります。

将来、ほかの出費が増えた時に負担になる可能性もあります。

簡単に決められない一軒家か賃貸か!?

賃貸にするか一軒家にするかは、だれでもすごく悩まれる事だと思います。

一生を決める事ですし、一度家を購入してしまったら簡単に引っ越しができなくなってしまいます。

その点、賃貸だと環境や近所でうまくいかない事や嫌な事があっても引っ越せばいいだけです。

毎月の家賃が安いところに住んでいる場合は、賃貸の方が得になる可能性も!?

住む場所によっても変わりますがもし毎月、安い家賃で部屋を借りている場合は一軒家を買うよりトータルで安くなる場合があります。

逆に家賃が相場より高い場合は、家を購入したほうが安くなるかもしれません。

賃貸でも探せば安い物件もあるし家賃交渉すれば家賃を下げる事もできます。

これからの時代は、住宅購入はリスクなのか?

家を買うことはリスクがあると思っている人も多いのではないでしょうか?

ですが家を買うことによってもし世帯主に何かあったときは支払いが完了して残った家族のものになります。

このように生命保険のような役割が家を購入するとつきます。

35年ローンの払いは長くて大変だと思いますが人によっては家を賃貸より家を購入するほうがメリットが多い可能性もあります。

 

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事