iPhoneが急に熱くなり電源がつかなくなったら/原因と対処方法
iPhone

iPhoneのトラブルって多い

デザインもかっこよくてシンプルでいて使いやすいiPhoneは、スマホの中でも一番人気が高いと思います。

iPhoneに限らずスマホにはバグだったりトラブルも意外と多くあります。

一部の例としては下記になります。

iPhoneの問題やトラブル
  • iPhoneだと電源がつかない
  • アプリが起動しない
  • フリーズしてしまった

等々。

スマホが精密機械である限り使用しているといろいろな問題が起こることもあります。

iPhone本体が急に熱くなったら要注意

以前、iPhoneを使用していたときに急に電源が落ちてしまいその後、何回も電源をつけようとしましたが電源がまったく入らない状況になったことがありました。

そしてiPhone本体が急に熱くなりました。

これはおかしいと思いました。

今までiPhoneを長年使っていましたが今回起きたケースは初めてでした。

電源が急につかなくなることはなかったのですがiPhoneも精密機械なだけにいつトラブルが起ったり壊れたりするか分からないものだなと思いました。

iPhoneは外側が頑丈そうに見えていても中身が弱い

iPhoneユーザーにとってはiPhoneは、生活の一つとしてかかせないものだと思います。

見た目もカッコよくデザイン性とシンプルさで現在も高い人気を集めています。

そして非常に頑丈に設計されています。

少し落としたくらいでは、壊れないように丈夫にできています。

ですが外側が頑丈だとしても中身は精密機械なので細かくデリケートだと思います。

それだけにいつ何が起こるか分かりませんね。

iPhoneが熱くなり電源がつかない原因

iPhoneが熱くなったら次のことが原因として挙げられます。

iPhone本体を気温が高い場所や高温の場所で長時間放置または使用した

僕のiPhoneが急に熱くなり電源がつかなくなった原因はこれでした。

その日は急に気温が高くなったときでした。

外出先でもポケットにずっと入れてた為、熱がこもり冷却が効かない状態になっていました。

このような場合は、熱が冷めるようにカバーを外しポケット以外の涼しい場所に移動してしばらく待った方が良いでしょう。

熱がなくなったら電源が入るようになりました。

iPhoneは、非常に熱に弱いと言われています。

車の中など高温になる場所に放置する事は避けた方が良いでしょう。

パソコンと同じで熱がこもる事で故障の原因になるようです。

僕も日頃から気をつけたいと思います。

アプリを使いすぎて熱がこもり続ける

iPhoneにアプリなどをたくさん入れて起動させてるとたくさんの処理が必要になり熱くなる場合があります。

iPhoneがいかに優れていたとしてもたまには、休ませる事も必要かもしれません。

アプリは、容量も多くなってしまうので負担もかかります。

使わないアプリを削除したり容量を残しておく事で長持ちするかもしれませんね。

iPhoneやバッテリーの故障

iPhoneのバッテリーが原因の場合は、修理を依頼するかお店に持っていかれた方が良いと思います。

ほっておくと発熱したり火災の原因にもなります。

iPhoneが熱に弱いことを意識しておく

どんなに大切にiPhoneを使っていたとしても精密機械だけにいつ何が起こるか分かりません。

日頃から熱に気をつける事はもちろんのこと、あきらかに故障の原因がある場合には修理を依頼した方が良いと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事