YouTubeで演奏をアップさせるために必要なもの/YouTubeミュージシャン

YouTubeといえば若い世代から大人から老人までさまざまな人が閲覧しています。

スマホの普及により多くの人がYouTubeを見るようになりました。

YouTubeにアップするのにお金はかからないです。無料でアップすることができてさまざまなメリットがあります。

YouTubeは非常に可能性のあるツール

YouTubeは今ではさまざまな年代の人が閲覧しているツールでもあります。

毎日何十億ものコンテンツが視聴されていてさらに拡大していくと思われています。

今やさまざまな企業もYouTubeに目を向け始めています。

今やYouTubeはとても重要な動画コンテンツツールでもあるということができます。

YouTubeは世界に向けて発信することができる

自分で作ったオリジナル曲や編曲したカバー曲などをYouTubeにアップしたりバンドや路上などで演奏した映像などもYouTubeにアップすることができます。

YouTubeにアップすることで国内問わず海外など全世界の人の目に触れる機会があります。

またまったくの素人ミュージシャンがYouTubeから人気が高まりデビューするといったことも起きています。

YouTubeは単なる動画をアップして見てもらうだけでなくさまざまな可能性を持っているものだと思います。

チャンネル作成をしよう

Googleアカウントを作ろう

すでに持っている人はいいですがYouTube動画を作成してアップするためにはGoogleアカウントが必要になるのでまずはアカウント作成しましょう。

YouTube動画を始めるために必要なアイテム

YouTube動画をアップするためにはチャンネルを作成するだけでなく動画を撮るための機材も必要になってきます。

動画を簡単に始めたい人はiPhoneだけでもアプリで動画を編集することによってYouTubeに動画をアップすることはできます。

ですが映像や音声などにこだわるのであればそれなりの機材が必要になります。

それでは動画を撮るために必要なアイテムを見ていきましょう。

カメラ/ビデオカメラ

YouTubeに動画をアップさせるためにはまず映像を撮ることができるカメラやビデオカメラが必要になります。

有名なYouTuberともなればカメラだけでも高価なものを使っているケースが多いようです。

初めての人やそこまで予算をかけられない人は、買える範囲のものでも良いと思います。

最初は安いものでも全然良いと思います。

慣れてきたらもっと高性能のカメラを購入したら良いと思います。

カメラすら買えないという人は、スマホを使って始めるのもありですね。

マイク

どのような動画を作るのかによっても必要な機材は変わってきます。

カメラに内蔵されているマイクを使うこともできますがあまりおすすめしません。

映像と音や声などは分けたほうが良いと思います。

場合によっては聞こえずらいなどの原因にもなります。

カラオケや生楽器を使う場合にはコンデンサーマイクを使ったほうが綺麗に録音することができます。

動画編集ソフト

YouTubeにアップしたい動画を編集するためには動画編集ソフトが必要になります。

動画編集ソフトには無料のものと有料のものがあります。

最初は無料のソフトを使って編集の操作を覚えたり慣れたら良いと思います。

本格的にやりたい人は、有料のものでよりクオリティを上げていけばよいと思います。

三脚

三脚は、カメラの位置を調整するために必要になります。

照明器具

より綺麗で見やすい動画を作るのであれば照明器具もあると良いと思います。

もちろんなくてもできますが部屋の電気だけだと暗くなってしまったりするのでもっと明るくしたいと思ったら照明器具を揃えたら良いと思います。

まずはチャレンジ!

YouTube動画始めるとなると機材も必要になります。

どうしても予算がない人は、購入するまでスマホを使って動画を作ることも可能です。

機材を揃えるまでYouTubeを始めることができなくなるよりまずスマホを使って動画を作ってしまうのも手です。

やりながらやっぱり機材があったほうが良いと思いえば揃えたら良いと思います。

始めたいのに始めれなかったらモチベーションも下がってしまうのでやりたいと思ったら始めてしまうほうが良いです。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事