【金融リテラシー】音楽家がお金に関する知識を高めることで人生も変わっていく理由

日本では小さいころからお金に関する教育を受けている人が少ないので大人になってもお金に関する知識を持っていない人が非常に多い国でもあります。

お金と聞くと日本人の多くは

お金は悪いものだ!

とかお金は汚いものだと考えていることがわかります。

これは日本人の悪い習慣や教育によるものだと僕は思っています。

これからの時代、音楽家であれどんな職業についている人であれお金に関する最低限の知識は身につけておく必要があると思います。

ポイント
  • 日本人のお金に関する知識は非常に低い

日本人は金融リテラシーが低い

よくお金に関する知識がない人のことを金融リテラシーが低い人とも言います。

金融リテラシーが低いとなぜいけないのか?

もちろん金融リテラシーがなくても生活していくことはできます。

ですが金融リテラシーが低いとお金のやりくりができなかったり資産を持っているつもりでもそれが負債であったり生活だけでなく人生にも影響を与えしまうことが多いです。

若いときは大丈夫だとしても年を重ねていくごとに金融リテラシーがある人とない人で差がでてしまうことも多いです。

また金融リテラシーを身につけることを日本ではよく思っていない人も多いですね。

悪いのはお金の知識を教えようとしない国の教育に問題があると思っています。

豊かな生活をするためだけでなく周りの人を喜ばせたり幸せにするためにも金融リテラシーは必要だと思います。

ポイント
  • 金融リテラシーが低いとお金のやりくりができなかったりお金に困ってしまう人が多い

お金は悪いものではない

よくお金は悪いものだという人がいます。

それは場合によっては悪いものに使われることもあるかもしれませんがお金は決して悪いものではないです。

お金があることでメリットもたくさんあります。

お金があることで自分の夢をかなえたり家族を養ったり大切な人にプレゼントを贈ることだってできます。

お金が人生のすべてではないと思いますがお金がなければできないことも多いのが現実です。

金融リテラシーが低い人のデメリット

すぐ借金をする

借金をすること自体は別に悪いことではありません。

ですが借金の危険性や特徴をよく理解していないと返済が厳しくなってしまうこともあります。

借金をするということはただ借りたもの返せばいいというわけではなく利息も支払う必要があります。

実際に住宅ローンを組んだけど利息にいくら取られているのかを知らなかったという人もいます。

そういったことを理解していないと手元のお金がどんどん減ってしまいお金に困る生活が待っています。

金融リテラシーを身につけると

家計の収入と支出の管理ができるようになる

金融リテラシーを高くなるとお金を管理する能力も高くなるので収入と支出の管理ができるようになります。

よく毎月赤字でやりくりができないという人がいると思います。

そういった人は金融リテラシーを高めることで赤字から黒字に変えることもできます。

また収入や支出だけでなく税金の節税などの知識もつくので手元に残るお金を増やすことができます。

投資をして資産を増やすことができる

日本人は慎重かつお金に関する教育を受けていないので投資にたいしても偏見を持っている人もいます。

また投資は怖いものというイメージを持っている人が多いため資産を増やそうという人も少ないですね。

有名な投資家も投資を行わなければ資産を増やすことは難しいといわれています。

昨今では投資も誰でも始められやすくなりました。

もちろんリスクもありますが低リスクで始められる投資もあります。

最後に

これからは国や会社に依存する時代ではなくなりました。

国民一人一人が自分で自分のお金を守るために金融リテラシーを身につけていく必要があると思っています。

まずは誰かに教わるのではなく自分自身で調べたり勉強をしたり実際に投資をしてみるのが良いと思います。

自分で身につけたり経験した方が理解も早くなります。

これからの時代を生き抜くためにも金融リテラシーをぜひ身につけていきましょう。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事