【人生をより豊かにする】自分の好きなことをする時間を増やしていく方法

誰しも自分の好きなことを聞かれたら一つは思い浮かぶのではないでしょうか?

ひとによって好きなことは違うと思います。

歌を歌うことが好きな人がいたり楽器を弾くことが好きな人もいればスポーツをすることが好きな人もいます。

そんな自分にとって好きなことをする時間を今よりも増やせたら人生もより充実していくのではないでしょうか?

ですがそんな時間作れないよ!という声も聞こえてきます。

毎日好きでもない仕事に多くの時間を費やして好きなことや趣味の時間なんてとれないよ!という人もいると思います。

好きなことに使う時間を増やす方法には2つあると思います。

それは好きなことに使う時間を増やすか、好きなことを仕事にしてしまうという方法です。

好きなことをする時間が増えれば自分にとってもやりがいもでき充実した生活に近づくのではないでしょうか?

もちろん仕事にするとなるとプロになるということなので専門的な知識やスキルは最低限必要になってきますが好きなことであれば頑張れるのではないでしょうか?

好きなことに使う時間を増やす方法
  • 好きなことに使う時間を増やす
  • 好きなことを仕事にする

今回はそれぞれの方法について紹介していきたと思います。

好きなことに使う時間を増やす方法について

好きなことに使う時間を増やす

だいたいの人は好きなことだけをやっていられるわけではないと思います。

好きなこととは異なる仕事をしていたり勉強で忙しい学生だったりして時間が作れないという人も多いと思います。

そこでまず考えてほしいことがあります。

無駄に使っている時間を削る

まず考えてほしいことは毎日の生活のなかでやらなくても良いことに時間を使っていませんか?

ついやらなくても良いことに時間を使っていたりダラダラ過ごしてしまうことがないか一度確認してみてください。

無駄な時間がある場合はそれらを無くすことで好きなことに使える時間も増えます。

例えば家でダラダラとテレビを見てしまう習慣があるとか。

自分の生活を見つめてみると意外と無駄に使っている時間が見つかると思います。

残業を減らす

仕事をしているひとも多いと思いますが残業が多くて趣味に時間を使えないという人もよく聞きます。

毎日残業が多くて好きなことに使える時間がなかったり仕事で疲れて好きなことに使える時間なんてないという人もいると思います。

残業が多い原因はいろいろあると思いますが仕事量が多い場合(仕事の配分がおかしい)や自分の効率が悪い場合などがあります。

仕事量や仕事の配分がおかしい場合は仕事の分量について一度、上司に相談した方がいいと思います。

効率が悪く残業が増えてしまう場合については職種によっても変わってきますがツールの利用や導入で作業効率をアップできる場合があります。

それでも減らない場合やブラックな会社については転職を考えるのも一つの手だと思います。

労働型から成果型の仕事に変える

多くの人は労働型の仕事をしている人が多いと思います。

労働型だと時間の制約が多く好きなことに使える時間も減ってしまうというのが現実です。

残業が少ない会社や定時に仕事が終わることができるのであれば仕事が終わったあとに好きなことに使える時間も多くなりますがそれでも時間の制約がついてまわります。

成果型の仕事にはいろいろありますがブログなどを使ったアフィリエイトやYouTube(動画)などが人気です。

成果型は成果に応じて収入も変わっていくため生活していくだけの収入になるまで時間がかかったりいろいろな工夫をしたり改善していかないと収益が落ちてしまうこともあるので安定しにくいという特徴もあります。

ですがこの成果型で結果が出始めると伸びていく可能性も高いので時間的な制約も減って好きなことに使える時間も増えていきます。

好きなことを仕事にする

好きなことをする時間を増やす方法でてっとり早いのは好きなことを仕事にすることだと思います。

好きなことを仕事にできれば一日のなかで自分の好きなことをやっている時間も当然増えます。

もちろん仕事になるとプロということなので専門的な知識や経験は必要になってきます。

ですが好きなことであれば仕事への意欲も高まりますしモチベーションも上がると思います。

最後に

今回は好きなことに使える時間を増やす方法を2つを紹介しました。

好きなことに使える時間を増やす場合にてっとり早いのは好きなことを仕事にすることですが今の仕事をつづけながらすぐに趣味で好きなことをする時間を増やしていきたいのであれば無駄な時間を削るという方法が良いと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事