音楽不況の時代でも良い曲を作り良いライブをやることが一番大事なこと
ライブ

ミュージシャンやバンドマンで最近、自分達のCDが売れなくなってきたという話をよく聞ききます。

音楽業界の不況により「CDが売れない」、「CD離れ」というワードをよく聞くようになりました。

その背景には、音楽ダウンロード型のサービスの登場も少なからず影響していると思います。

それだけでなくスマホの普及によりネットさえ使えれば自分で好きな音楽を探したりすることも自由にできるようになりました。

今までは、テレビや雑誌などで音楽の情報を手に入れていましたが今はスマホがあればいろいろなアーティストをネット上で探すことができるしアーティストやバンドの動画も自由に見ることができるようになりました。

それにより何が変わったかと言うとCDを買わなくてもネット上で好きな音楽を聴けるようになったりダウンロードすれば安く曲を手に入れることができるようになったのでCDの減ってきているのではないかなと思います。

音楽業界全体のCDの売上は、年々減少してきているのは、まぎれもない事実だと思います。

不況でもCDが売れているアーティストはいる

CDが売れないと言われている音楽業界ですがそれでもCDがたくさん売れている歌手、バンドは存在します。

何故売れているのか?

それはシンプルで人の心に響く良い曲を作り良いライブやコンサートをしているからだと思います。

商業的になっている音楽業界

最近では、CDをたくさん売るためにいろいろな特典やサービスをつけたりしていることも多いです。

ファンにとっては嬉しいことではありますが曲を聴きたいだけという人も多いと思います。

特典やサービスをつけなくても良い曲であれば売れると思います。

最近の音楽業界は、曲を聴かせるというよりたくさん売るために音楽がより商業的になってきているような気がします。

原点は、やはり良い曲を作り良いライブをやることが一番大事

たくさんの人に音楽を聴かせるには、マーケティングや集客ももちろん大事なことだと思いますが一番大事なことは良い曲を作ることだと思います。

次に良い曲を活かすにはアレンジだったり演奏スキルも必要です。

良い曲を作れたとしても演奏が駄目だったら心に響かないと思います。

実際にCDは良かったけど演奏がイマイチだったということもよくある話がです。

シンプルですが良い曲を作り良いライブやコンサートをすることが一番大事なことではないかなと思います。

ミュージシャンやバンドマンの一番の見せ場といえばライブやコンサートだと思います。

人の心に響く曲を作り良いライブをすることができれば必ず人の心に響くと思います。

ライブやコンサートは、利益のためにやるのではなく来てくれたお客さんのためにやる。

これが大事だと思います。

これらを差し置いてマーケティングや集客だけ頑張っても一時的なビジネスになってしまうような気がします。

むしろその時間を良い曲を作ることに集中できたら良いのではないでしょうか。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事