おすすめベースエフェクター!ベーシストが選ぶエフェクター3選

そもそもベーシストはエフェクターが必要なのか?

結論から言うとベーシストにとって必ずエフェクターが必要ではないです。

曲に合うようにベースの音を変えたいとかロックだから歪ませたベース音が欲しいなどの要望があったときに使用するのは良いと思います。

ですが何でもかんでもエフェクターをかけたりするのはあまりおすすめしたくないですね。

エフェクターをかけたりすると音痩せしたりすることもあるので無理に使うことはないかなと思います。

使いたい曲などのときに使用すると変化があって面白いと思います。

そんなエフェクターですが実はいろいろなメーカーから出ているので種類もたくさんあります。

今回は、おすすめのエフェクターを紹介していきたと思います。

コンプレッサー編

コンプレッサーは、音の調整ができるエフェクターです。

例えば音のつぶをそろえたりすることができるので大きくなって目立ってしまう音を抑えたり小さくなりすぎてしまう音を上げたりすることができるのまとまった音にすることができます。

僕は、普段ほとんどエフェクターを使用しないですがこのエフェクターはライブで使ったことがあります。

初めてコンプレッサーを使用したときは、なんだか急にうまくなった気がしました(笑)

ある程度、弾く指でコントロールできるようになってから使うと各段に音が良くなりますね。

EBS ( イービーエス ) 

ベーシストにとって定番のコンプレッサーと言えばEBSのコンプレッサーが人気です。

僕も使用したことがありますが高音域と低音域それぞれに調整をかかけることができますし音の粒を揃えることによって安定したサウンドを出すことかできます。

まさにコンプレッサーは、音を変える魔法のアイテムでもあります。

人によっては、コンプレッサー使ってもそんなに音なんて変わらないんじゃないかと思っている人も多いのではないでしょうか?

ですがEBSのコンプレッサーを使ってみたらその考えも変わると思います。

ですが普段からコンプレッサーを使いすぎると右手のピッキングの強弱だったり音のコントロールがおごそかになってしまいやすいです。

右手のピッキングが安定するまでは、一部の曲だけ使うとかライブのみ使うといった使い方をした方が良いかもしれませんね。

歪み系エフェクター/オーバードライブ、ディストーション

歪み系エフェクターは、ギターとかだと良く使うものになります。

とくにロックとかポップの曲でもよく使われています。

ベースでもロックやファンクなどで使われることもあります。

Vivie オーバードライブ

Vivieは国産ブランドでもありますが細かく音を作ることができ高性能なエフェクターです。

ドライブ感のあるベース音からギラギラしたサウンドも自在に出せます。

エフェクターの中でもこだわりのあるエフェクターに仕上がっています。

ベースソロなど際立ったサウンドを出したいときや曲に合わせて多彩な音を表現したい人にはピッタリのエフェクターです。

エフェクターの音もGoodです。

ワウ編

次はすこしおもしろい音がするエフェクターを紹介します。

MXR Bass Envelope Filter

ファンク系のノリノリな曲におすすめのエンベロープフィルターです。

ベース用のオートワウになります。

うねるようなサウンドが欲しい場合におすすめです。

ファンク系の曲で使えばうけること間違いなしですね。

最後に

今回紹介した以外にもベースのエフェクターってたくさんあるんです。

エフェクターはいろいろな音が出せるので音の幅も広がり楽しいですね。

使用してみるとハマってしまうかも(笑)

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事