音楽プロデューサーになるには?仕事内容と年収について
【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

音楽プロデューサーの仕事と目指し方

音楽プロデューサーはやりがいのある仕事

プロデューサーは映画でいう監督と同じような立場になります。

音楽制作全般を指揮したり管理、総合的な責任を担う総監督てきな立ち回りになります。

音楽プロデューサーはアーティストがいてこそ成り立つ仕事です。

アーティストのイメージからコンセプトを考え、楽曲制作、プロモーション、レコーディング、CD制作、販促、予算管理など舞台で活躍するアーティストを全面的にプロデュースしていく役割になります。

プロデューサーの仕事
  • アーティストのコンセプトの選定
  • 作詞家や作曲家、アレンジャーなどの選定
  • レコーディング(エンジニア)の選定
  • CDジャケットのデザイン制作
  • 撮影、ミュージックビデオの制作
  • ライブの企画、プロモーション関連業務

プロデューサーの目指し方

まずは音楽大学や専門学校で学ぶ

音楽プロデューサーを目指すうえで一般的な流れとしては音楽大学や専門学校で学んで卒業後に音楽業界に就職して経験を積む方法があります。

目指す方法1
  1. 音大や専門学校で学ぶ
  2. 音楽業界に就職して経験を積む

音楽業界に就職して経験を積む

学校には行かずにレコード会社、音楽プロダクション、音楽出版社など音楽業界の企業に入り現場で経験を積んでいく方法があります。

目指す方法2
  1. 音楽業界に就職して経験を積む

バンドマンからプロデューサーに

それ以外にはバンドなどミュージシャンとして活動しながら自身のバンドのプロデューサーとしても活動される方もいます。

目指す方法3
  • バンドで経験を積む
  • 自身のバンドのプロデューサーとして経験を積む

どのように道でプロデューサーを目指すにしても現場での知識や経験をたくさん積むことが大事になります。

音楽プロデューサーの年収

音楽プロデューサーの年収はピンからキリまでです。

売れているプロデューサーだと数億から数十億、年間で稼ぐ人もいます。

ですが大手レコード会社で働く一般的なプロデューサーはサラリーマンや事務職などと比べてそれほど高くないと言われています。

大体一般的には年収400万〜500万くらいと言われています。

そこから経験を積んだり有名なプロデューサーになっていくことで年収もどんどんアップしていきます。

音楽プロデューサーとして必要なもの

新しいアイデアや新しい音楽を取り入れる

音楽の世界は常に変化や進化をしています。

新しいアイデアを生み出したり新しい音楽を常にアンテナを張って取り入れる音楽的センスも必要だと思います。

音楽センスに関しては音楽業界で働き経験を積むことでセンスや感性を磨くことはできると思います。

コミニケーション力

音楽プロデューサーはただ音楽的センスや経験を積みアーティストを育ているだけではなくさまざまな人とかかわっていくのでコミュニケーション能力も必要になってきます。

アーティストはもちろん音楽に関わる関係者やスタッフとコミュケーションを取り円滑に進める力も必要です。

人を育てていくのが好きな人や多くの人と関わりことが好きな人、人の話を聞くのが好きな人には向いているかもしれません。

最後に

これから音楽プロデューサーを目指す人の多くはまず地道な下積みを経験し、音楽業界の仕組みを学んだり音楽的なセンスを磨いたり学ぶべきことが多くあります。

数年間の下積みや努力をしてようやく晴れて音楽プロデューサーになることができます。

また音楽プロデューサーになれたとしても何もないゼロから自分でいろいろ作り上げてさまざまな責任を負うという役割でもあります。

ですが何もないところから作り上げることができるので大きな達成感を感じたりできます。

また自身がプロデュースしたアーティストが人気が出ることで社会から評価を受けたりするので大変だけどとてもやりがいのある仕事だと思います。

 

 

 

【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事