音楽療法とは?音楽療法士になるために必要な勉強
ピアノ

音楽療法という言葉を聞いたことがありますか?

まだまだ日本ではあまり馴染みがない言葉かもしれません。

音楽療法士という資格もありますが国家資格ではなく民間の資格になります。

音楽療法士として働く人はまだまだ少ないですが専門職としていずれ認知されていくのではないかなと思います。

実際には、看護師や介護士として働く人達が音楽療法を使いリハビリなどを行っています。

音楽の持つ力

音楽には、さまざまな力があると思います。

音楽には人を感動させたり心をリラックスさせたり辛いときに元気をもらったり勇気をもらったりとさまざまな効果があります。

音楽を聞けば自然と体が動いたりリズムを取りたくなりますよね。

またイライラしてるときに好きな音楽を聴くことで気持ちが落ち着いたりすることもありますね。

人によって好きな音楽やリラックスできる音楽が違うと思いますが音楽には、さまざまな効果があり音楽を利用して行うさまざまな音楽療法があります。

音楽療法士の資格について

音楽療法士という資格や仕事があるのはご存知でしょうか?

音楽療法士は、国家資格ではなく民間の資格になります。

知っているという人もいれば知らなかったという人もいると思います。

音楽療法士は、海外ではわりと認知されているようですが日本ではまだまだ知名度が低いのが現状です。

日本では音楽療法士のみを専業としている人はまだまだ少ないと思います。

医療機関や福祉などで働いている人が仕事の中で音楽療法を行っていることも多いです。

音楽療法士の仕事について

音楽療法士は、音楽が持つさまざまな力や効果を利用して病気や障害を持った人に向けた体と心のリハビリを行っていく仕事になります。

たとえばクラシック音楽を聴くことで心が癒やされたりリハビリをやる人と担当者が一緒に歌を歌ったり演奏を聴かせたりします。

そうすることでリラックスしてリハビリを行うことができたり心を落ち着かせて治療に専念することができます。

音楽療法士の職場

音楽療法士として働く場所は、医療機関や福祉などがほとんどだと思います。

音楽療法士になるには資格が必須?

音楽療法士になるには必ずしも音楽療法士の資格が必要というわけではないようです。

ですが音楽療法士も専門な知識がいるため専門的な知識の勉強が必要だと思います。

また当然ながら音楽療法士は、演奏する技術も必要になってきます。

ピアノやギターなどの楽器を弾きながら一緒に歌を歌ったりできる必要があります。

音楽療法士のための勉強や書籍

音楽療法士を本格的に学びたいという方は大学や専門学校に行くのも一つの手だと思います。

また学校に行けない人は、通信講座や書籍で学ぶ人もいるようです。

音楽療法を学ぶおすすめの本

音楽療法を本などで勉強したり知識をつけたいという方におすすめしたい本があります。

もう一人の自分と出会う 音楽療法の本

ドイツで認知され幅広く実践されている心理療法としての音楽療法を学ぶことができます。

音楽療法をすることでどのような効果を得ることができるのか?

この本を読めば心の治療についてどのような音楽療法を行えばよいのかが見えてくると思います。

CD付 すぐに使える! 高齢者ための音楽レクリエーション 音楽療法のプロが教える (コツがわかる本!)

福祉の現場で役に立つグループや特性によってどのようにして楽しい場を作ったら良いのか?

また歌詞やリズムに合わせて体を動かしたりして楽しむためのアドバイスや知識なども身につけることができます。

伴奏のCDも付いています。

音楽療法士のやりがい

やりがいとしては音楽を通して人を喜ばせることだと思います。

音楽が好きで人のために演奏したりいろいろな人とコミュニケーションを取ったり関わりたいという人には向いていると思います。

これからの超高齢化に音楽療法士が必要?

言うまでもなく日本は、少子化による超高齢化社会を迎えています。

子供の数より高齢者の数がどんどん増えていきます。

そうした中で老人ホームなどで音楽療法士が必要になってくるのではないでしょうか?

これから音楽療法士の重要性が増してくるのではないかなと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事