個性的で近未来的なデザインと持っていることも忘れてしまうくらい軽いギター&ベースでおすすめのメーカーがPARKERです。

最近ではあまり見かけなくなりましたがヤフオクやメルカリで中古品がたくさん出回っています。

PARKER(パーカー)は有名なギタリストが弾いているのを見かけたことがあります。

僕の周りでもPARKERを弾いているギタリストもいました。

今回はPARKERの魅力と特徴について紹介していきます。

PARKER(パーカー)の魅力と特徴について

とんでもなく軽い

エレキギターの重量はフェンダーのストラトキャスターだとだいたい3kg前後、ギブソンのレスポールだと3kg台から4kgくらいです。

その点、Parker FLYだとなんと2.5kgという重さです。

他のメーカーと比べるといかにParkerの重量が軽いかが分かると思います。

僕がはじめてPARKERのエレキギターを触ったのは10代のときです。

対バンで仲良くなった人に弾かせてもらったことがありますが持ったときの感覚はめちゃくちゃ軽いです。

なんか一瞬ギターをもっていないような感覚にもなりました。

2.5kgといえば小さめのお米の袋や果物の詰め合わせくらいの軽さです。

見た目が個性的で近未来的なデザイン

PARKERのギターが特徴的だと思う部分はデザインです。

フェンダーのストラトキャスターとくらべても形に特徴がありますよね。

そしてスタイリッシュで近未来がイメージできるようなデザインに仕上がっています。

PARKERのギターを見ると独特で個性を感じる形だけでなく斬新なデザインテイストも感じます。

エフェクターのノリが良い

PARKERのエレキギターは単に軽くてデザインが個性的なだけではありません。

エフェクターのかかり具合も良く多彩なサウンドを実現することができるオールマイティなギターであります。

またネックも握りやすいので女性にも良いですね。

指板がカーボンファイバー製

指版は弾きやすいカーボンファイバー製になっています。

カーボンファイバー製なのでフィンガリングがなめらかで弾き心地もよいです。

また指の小さい人や握りやすいので女性にも良いですね。

価格

価格はだいたい10万円のものから高くて80万円くらいのものもあります。

ヤフオクとかで探せば中古品がけっこう出回っています。

ベースもあります

しかもParkerはギターだけかと思っていたらエレキベースもあります。

Parker Fly Bassだと約3.3kgです。

通常のエレキベースが4kg前後なのでかなり軽くなっています。

ヤマハでRBX4A2というエレキベースがありますがそちらは3.2kgなのでParker Flyと良い勝負だと思います。

王道のフェンダーやギブソンとまた違うテイストがあるので個性を追求したい人や軽くてエフェクターのノリの良い楽器を探しているのならParkerがおすすめです。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事