ディズニー映画「アナと雪の女王2」が11月22日から公開されましたね。

もう映画を観た人もいるのではないでしょうか?

ディズニーアニメの中でもっとも最速に動員数を伸ばしているようです。

今後も動員数が増えていきそうですね。

アナと雪の女王といえば前作の主題歌でもある「レット・イット・ゴー」の音楽が耳に残っている人も多いのではないでしょうか?

耳に残る印象的な音楽と歌詞で日本では、「レリゴ」という愛称がつけられました。

今回はアナと雪の女王2のみどころと音楽について語っていきたいと思います。

アナと雪の女王2のみどころ

前作を見たときにいくつかの謎を感じた人もいるのではないでしょうか?

その謎は前作では明かされませんでした。

たとえばなぜエルサだけ不思議な能力が使えるのか?

アナは能力がないのは何故?

またアナとエルサの両親は、何故いなくなってしまったのか?

今回の作品は、前作を見て感じたいくつかの謎を中心に描かれています。

まさに今回の映画のみどころは、前作で明かされることがなかった謎について明かされていくところがみどころだと思います。

アナと雪の女王2の吹き替え声優

今回の声優はエルサ役が松たか子、アナ役が神田沙也加、イドゥナ役が吉田洋です。

今すぐアナと雪の女王2を見たい方へ

ストーリーだけでなく音楽にも注目!

「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

前作でも映画の中で松たか子が「レット・イット・ゴー」を歌っているシーンがありました。

今回もアナと雪の女王2のメインの曲でもある「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」をエルサ役の松たか子が歌っています。

前作よりも幅広い表現や壮大なスケール感とメロディを出している楽曲を歌っている松たか子ですが前回よりも多彩な表現力や歌唱力がアップしていると思います。

聴く価値ありだと思います。

ずっとかわらないもの

アナ(神田沙也加 )、エルサ(松たか子)、クリストフ(原慎一郎 )オラフ(武内駿輔)の4人で歌う曲です。

明るく陽気な楽曲とアナとエルサのハモリも良い感じです。

アナと雪の女王2 オリジナルサウンドトラック

19歳の歌手がエンディングテーマに大抜擢

驚いたのがアナと雪の女王2のエンディングを歌うのは、新人歌手の中元みずきです。

広島県出身で5歳の頃から歌手を目指していてさまざまなアーティストのサポートに参加していたようです。

そしてオーディションに参加してアナと雪の女王のエンディングソングのオーディションに見事合格しました。

伸びのある声量と迫力のある歌唱力でまだ19歳という若さなのでこれからが楽しみですね。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事