バンドマンにおすすめしたい仕事3選
コールセンター

バンドマンであればほとんどがバイトなどの仕事をしながら音楽活動をしている人も多いのではないでしょうか?

バンドマンでも芸人でも売れるまでバイトと音楽活動の両方をこなしていると思います。

僕自身もバイトをしながら音楽活動をしていた時期があります。

日中のバイトから深夜のバイトなど色々なバイトを掛け持ちしながらスタジオ練習したりライブをやったりツアーをやったりしていました。

大変でしたが好きなことをやっていたので苦労とは思いませんでしたね。

今回は、バンドマンにおすすめしたいバイトを紹介したいと思います。

それでは、見ていきましょう。

IT業界(派遣)

エンジニアでバンドマンの人って、けっこう多いと思います。

僕の周りでもけっこう多いですね。

平日は仕事、土日は、バンド活動やライブを行っている人もいます。

IT業界は、割と給料が良いというのと派遣だと決まった定時に帰ることもできるので音楽活動との両立ができると思います。

ですがIT業界は、他の業種と比べると残業時間が多いので契約社員や正社員になってしまうと残業が多くなってしまう傾向にあります。

音楽との両立を考えると派遣が一番良いかなと個人的に思います。

メリットとデメリット
メリット
  • スキルを必要とする仕事なので給料が高い
  • 安定している
デメリット
  • 基本平日に休みがないことが多い(土日休み)
  • シフト制ではないため、急に休むことが難しい

デザイナー(派遣)

デザイナーなどのクリエイティブな働き方をしながらバンド活動をするのもありだと思います。

実際にデザイナーをやりながらバンドやっている人もいます。

しかもデザインができると自分のバンドのCDジャケットやチラシ、広告などお金をかけずに作れてしまうのも魅力です。

バンドマンの中にデザイナーがいるとけっこう重宝されます。

僕もイラストレーターがいじれるのでCDジャケットを作ったり、チラシを作ったりしていたこともあります。

デザインというのはバンドマンにとって貴重なスキルでもあります。

デザインをやっていると色彩だったり見え方や捉え方などを意識しますが音楽にも共通する部分があり曲作りにも役に立つのではないかなと思います。

メリットとデメリット
メリット
  • デザインスキルがバンドで役に立つ(CDジャケット、チラシ制作)
  • デザインに関する知識がつく
デメリット
  • 客さんによっては土日出勤も可能性あり
  • シフト制ではないため、急に休むことが難しい

コールセンター

コールセンターに音楽をやっている人やバンドマンが多いというのはよく聞く話です。

また他のバイトなどと比べると時給も高いのでおすすめだと思います。

中には、クレームの受付だったりセールストークの仕事などきつい仕事もありますが時給もその分高くなります。

またきつい仕事だけでなく専門知識を必要としないコールセンターの仕事もあります。

派遣の仕事よりもシフト面でけっこう自由が利くのでバンドマンにはおすすめの仕事だと言えます。

メリットとデメリット
メリット
  • バイトの中では、時給が高い
  • シフト制なのでバンド活動と両立させやすい
  • ちゃんとした研修もあるので働きやすい
  • 夢を追いかけているバンドマンも多い
デメリット
  • 部署や仕事内容によっては大変

最後に

バンドマンが仕事を探す上で音楽活動ができる環境かどうかが一番重要だと思います。

ですが音楽活動をしていくためにはお金も必要ですし最低限の生活もしていかなければいけません。

いくら自由の利く仕事であっても全然稼げないし生活ができないほど苦しくなってしまったら意味がありません。

またその逆にお給料が良くでも全然、音楽活動ができなかったらそれも意味がないですよね。

僕としては、時給もそこそこでシフトも自由が利くコールセンターが一番おすすめかなと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事