若いうちに失敗を恐れず挑戦やチャレンジを繰り返しておいた方が良い理由を伝えます
チャレンジ

今、自分自身がチャレンジしてみたいことはありますか?

10代や20代の若い子にもし質問できることがあるとしたら僕はこれを聞いてみたいです。

「今、自分がやってみたい事やチャレンジしてみたいと思うことがありますか?」

また時間を忘れるほどに夢中になれることや熱中していることはありますか?

それは、どんなことですか?

30代になった僕が伝えたいこと

30代になった僕が10代、20代の若い人達に言えることがあるとしたらぜひこう伝えたいです。

「20代までにやってみたいことや興味あることにたくさんチャレンジしてほしい」

とくに10代、20代のときは、何でも吸収できる良い時期だと思っています。

また人生の中でも新しいことをたくさん経験できる時期でもあります。

もちろん30代でも新しいことに挑戦することはできると思いますが30代になると20代の頃と違い環境や状況の変化がある時期だと思います。

人にもよりますが30代になると家庭を持ったり仕事でも責任ある立場になったり使える時間も20代の頃と変わってくることがあります。

なので一番時間を使える時期は、10代20代なのかなと思います。

そして何故、やってみたいことや興味があることにどんどんチャレンジしてほしいと思うのか?

理由として自分がやってみたいことや興味がある新しいことにチャレンジしていくなかでうまくいったり失敗したり悩んだりいろいろなことが起きると思います。

ときには、挫折しそうになることだってあるかもしれません。

また新しい発見をしたり思いもよらない出来事が起きたりさまざまだと思います。

そのような経験をたくさん自分自身を成長させ、のちのちの人生にも役に立つと思うからです。

ポイント
10代20代のときは何でも挑戦しやすく経験しやすく吸収しやすい時期

色々なことに挑戦したりチャレンジしておいた方が良い理由

10代、20代をどのように過ごすかによってその後の人生も大きく変わってくる

10代、20代のころって今思えばあっという間だったなと僕は思います。

若いときは、時間がたくさんあるように思いますがけっこうあっという間に時間が過ぎていきます。

10代、20代のころって今思えばあっという間だったなと僕は思います。若いときは、時間がたくさんあるように思いますがけっこうあっという間に時間が過ぎていきます。

そして10代、20代のころに経験したことや一生懸命にやったことってずっと残ります。

そしていろいろな経験をしたからこそ今があるのだと思います。

10代、20代をどのように過ごすか?

どれだけたくさんのことにチャレンジしてこれたかによってその後の人生に大きく影響してくると僕は思います。

それだったらたくさんのことにチャレンジしたいって思えますよね。

RPGとかで例えると色々な冒険をしていく中でモンスターと戦い勝利して経験値がどんどん上がっていくイメージですかね。

僕ももっといろんなことに挑戦していきたいと常に思っています。

新しいことに果敢にチャレンジすることで自分自身がどんどん成長していく

10代、20代だと誰でも自分の夢だったり目標だったりチャレンジしてみたいことや興味を持っているものがあると思います。

中には、自分の夢や目標が定まらない人もいるかもしれません。

でも大体の人が自分の好きなことや興味がある事は、必ずあるのではないでしょうか?

若いときは、自分自身がやろうと思えばたくさんチャレンジできる時期だと思います。

海外旅行でのアクシデントを通しての経験

例えば旅行が好きな人は、今まで行ったこともない土地だったり言葉も通じない海外に旅行に行くこともあるでしょう。

知らない土地や海外に初めての行くと慣れないなかで不安もあると思いますが意外となんとかなったりしますよね。

もちろん思いもよらないアクシデントが発生することもあります。

また言葉が通じなくても一生懸命にジェスチャーで伝えてみたりハンドブック片手に持って指さしながら伝えようとしたり。

そういった一つ一つの経験が自分の自信にもなっていくし経験値となり自分を成長させてくれます。

海外旅行だけでなく自分の好きなことをやることも同じです。

今までやったこともないことにチャレンジしてみたり。

今までやったこともないことを経験するときって不安もあるかもしれませんがワクワクしたりドキドキしたりすることもあります。

そういった経験が大事だと僕は思います。

僕は、20代のときに海外で演奏したことがありますが日本と違い言葉が通じないし慣れないし大変だったことがあります。

でもそれはとても良い経験をしたと思っています。

失敗を恐れずチャレンジしていくことが大事

最近では、失敗を恐れてチャレンジしない人も増えてきていると思います。

それは、時代的なことだったり家庭環境やさまざまな事情によってそうなってしまっているのかもしれません。

テレビでも今の若者が保守的になっているとニュースで拝見したります。

保守的になることも大事だと思いますが保守的になりすぎて何もできなかったら意味がないと思います。

また失敗は、誰でも怖いと思って当然だと思います。

僕も失敗は怖いですから。

でも失敗することを恐れてチャレンジできなくなるより悩まずまずやってみることが一番大事なことじゃないかなと思います。

あとで後悔するよりずっといいと思います。

だって時間は、あとで取り戻すことができないですから。

歳をとってからもいろいろなことにチャレンジしたり挑戦することも可能ですがやっぱりエネルギッシュな10代や20代のうちの方がたくさんの経験が積めると思います。

若さは得!勢いと情熱とアドベンチャーが待っている

若いときだからこそたくさんの経験を積める時期だと思うので悩まず新しいことに果敢に挑戦してほしいと思います。

それがむしろ若い子にとっての特権だと僕は思います。

若いときならたとえお金があろうがなかろうが思い立ったら行動してしまうような勢いと情熱だってあると思います。

僕もそういう時期がありました(笑)

自分がやろうと決めたら周りの意見も聞かずに勢いで行動していた時期があります。

でも今同じようにしようとしてもなかなかできないと思います。

年齢を重ねていくと冒険心やチャレンジ精神が薄れていく

年配でも夢や冒険心を持っている人もいるので一概にはいえませんがやっぱり新しい事や新しいチャレンジは、若い時期の方が圧倒的に有利だと思います。

若いときであれば体力もあるし集中力もあるし行動力だってあります。

ところがまだ若いと思っていても年齢を重ねていくごとに冒険心やチャレンジしようという気持ちがだんだん少なくなってしまう傾向があります。

そして年齢を重ねていくとどうしても守備に回ることも多くなっていきます。

年齢を重ねていき家庭を持ったり子供ができたりすると家庭の事情があったりしてなかなか自分の時間もなくなってしまうしチャレンジする機会もだんだん減っていきます。

また仕事が忙しかったりすると自分の時間すら持つ余裕もなくなってしまいますね。

大人になるにしたがっていろいろな事情が多くなってやろうと決めても中途半端に終わってしまったりできなかったりすることも多くなります。

中にはいつまでも好きなことをして生きてる人もいますがごくまれです(笑)

自分が知っていることや分かっている事に関しては、安心感がありますが人がやらないような事や自分にとってまったく知識がない事をやるというのは不安があると思います。

不安があったとしても果敢にチャレンジすることは、とても良い経験になると思います。

若いころに何でもチャレンジしておくと大人になってからも体験が体に残る

若いころに夢中になったことや一生懸命にやったことって忘れずに残っていることはありませんか?

そうして得た経験は、自分にとっての宝だと思います。

今でも20代で経験したことを思い出すことがあります。

年をとってからがむしゃらにやるのは難しいと思いますし若いころに夢中になったことは、自分の中で永遠に残る経験値にもなります。

言葉で言うだけでチャレンジしなければ何も意味がない

少し前に「たられば」という言葉が流行りました。

そして「たられば」という言葉を使ったドラマが日本テレビで放送されました。

「たられば」とは、「もし◯◯していたら」とか「もし◯◯していれば」というときに使う言葉です。

この言葉は、後悔の意味でも使われているようです。

使っても意味がないような仮説に近い言葉がでもありますね。

もし何もチャレンジせずにいたらこの言葉のようになってしまうかもしれません。

仮説を考えてしまう前にせび何も考えずにチャレンジしてみることをおすすめしたいです。

若いときだからこそ失敗もたくさんする

僕も10代20代のときにたくさん挑戦やチャレンジをして失敗もたくさんしました。

でもそのおかげで今だったら経験できないようなことも経験することができました。

やっぱり行動することで人生もいろいろ変わってくると思います。

うまくいかなかったことや失敗もたくさんあります。もちろんうまくいったことや念願の夢が叶ったことだってあります。

その時の経験を今しようと思ってもなかなかできないと思います。

失敗しても一つでもやりきったという経験があれば後々に後悔することも少ないと思います。

若いときに失敗しても実際に怖いことはあまりないと思います。

その時は大変だったとしても時間が立てば失敗なんて忘れてしまいます。

それに若いときなら失敗してもいくらでもやり直すことができます。

20代の頃に失敗に慣れておかないと30代40代になっても失敗が怖くて何もできない人生になってしまう場合もあるかもしれません。

失敗はどんな事にもつきものだと思います。

失敗することは、恥ずかしいことでもないし怖いものでもないと思います。

もちろん同じ失敗を何度もしたとしても失敗ごとにそこから学びとって反省したりして次につなげることができれば良いのではないでしょうか?

若いときは、せび失敗を恐れずに何でもチャレンジしてたくさん経験をして悔いや後悔なく歩んでもらいたいなと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事