アップライトベースと相性の良いアンプ

アップライトベースと相性が良いと言われているアンプの一つにフィルジョーンズのアンプがあります。

価格は、けっこう高いのですがアップライトベースの音を引き立たせてくれるようなアンプです。

またとてもコンパクトで軽いのでミニライブなんかでも十分使えます。

軽いだけじゃなく70Wあるのでけっこうパワーがあります。

今回はアップライトベースと相性が良いフィルジョーンズのアンプの特徴などを紹介していきたいと思います。

フィルジョーンズアンプの特徴

小型なのにパワフル

重量も一番軽くて3.9kgです。

めちゃくちゃ軽いです。

これなら移動も片手で楽々運べてしまいます。

ミニライブでも十分過ぎるくらいの音が出るので小さいアンプだからと言って音が埋れてしまうことはないと思います。

随分前の話になりますがミニライブでも中くらいの大きさのアンプを移動したりしていましたが大変でしたね。

でも今は、フィルジョーンズのアンプがあれば十分ですね。

そして軽いだけでなく音もパワフルです。

豊かで低音の芯と広がりがある音

このフィルジョーンズのアンプはもともとベーシストであったフィルジョーンズ氏が制作しました。

フィルジョーンズ氏は、ベースだけでなくコントラバスも学び楽器についても熟知している人物です。

学校を卒業後にさまざまなオーディオメーカーで働き技術を学び、その後このフィルジョーンズのアンプを作りました。

ただエンジニアとしてだけでなくプレイヤー視点ももっているフィルジョーンズ氏のすべてのノウハウやクオリティが詰まったアンプだと思います。

それだけにアップライトベースを弾く奏者にとって求めている音をうまく再現しているアンプだと思います。

低音に広がりのある音、そして豊かなサウンドはフィルジョーンズ氏のノウハウによって作られたのだと思います。

ウィルジョーンズアンプの評判

YouTubeでもいろいろな方がウィルジョーンズのアンプを弾いて絶賛しています。

実際にお店で弾いてみたり動画で聴くことによってフィルジョーンズの音の特徴を感じることができると思います。

フィルジョーンズアンプ

PHIL JONES BASS Double Four BG-75

こちらは75Wのフィルジョーンズのアンプです。

重さは、わずか3.9Kgほどです。

小型なのにパワフルでどこでも移動らくらくですね。

PHIL JONES BASS BASS CUB 2/カラー:ホワイト

こちらは110Wのフィルジョーンズのアンプです。

白く洗練されたデザインのアンプです。

重さは、7.3Kgほどです。

PHIL JONES BASS BC-2

 ライブに使うのにおすすめ!

こちらは150Wのフィルジョーンズのアンプです。

150Wなので低音に広がりと迫力があります。

重さは、7.3Kgほどです。

価格は3万円台です。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事