ミュージシャンのプロとアマチュアの決定的な違い
ステージ

よくプロのミュージシャンとアマチュアのミュージシャンの違いってなんだろうという疑問を思っている人やそういった話題が音楽仲間内でよく出たりするのでアマチュアとプロについて触れていきたいと思います。

今回は、アマチュアのミュージシャンとプロのミュージシャンの違いについて何が違うのか?ということについて紹介していきたいと思います。

プロのミュージシャンとアマチュアのミュージシャンの違い

プロとアマチュアの決定的な違いは何でしょうか?

プロとアマチュアの決定的な違いを簡単に言うと音楽を本業にしているかどうかだと思います。

もっと細かく言うとプロは音楽を本業としてお金をもらい生活をしている人だと僕は思います。

ミュージシャンに限らず仕事をすれば時間給だったり仕事の成果による報酬だったりサービスや売上に対する対価として給料を貰うことができます。

どんな分野であれ仕事をしてお給料をもらうということは、その道ではプロということになると思います。

ミュージシャンの場合は、自分自身の演奏技術や作った曲(商品)が人に認められその価値が高ければ高いほどその対価も変動して上がります。

例えば作ったCDがたくさん売れてたくさんの人に聴いてもらい喜んでもらえればそれだけたくさんの人に自分の価値を認めてもらえたということになります。 

またバックなどで弾くスタジオミュージシャンの場合は、自分の演奏技術を周りに認めてもらったり気に入ってもらえると次の仕事も取れるようになります。

逆にスタジオミュージシャンの場合、お客さんやプロデューサーの要求にこたえられなかったり演奏がいまいちだったりして失敗してしまうと次の仕事が取れなくなってしまうこともあります。

それぐらいシビアな世界です。

どんなにプロと同じレベルや実力を持っていたとしてもその道で稼ぐことができなければアマチュアということになります。

プロの定義

おさらいになりますがプロとしての定義は下記になります。

プロとしての定義
・プロとは音楽を本業として音楽の道のみで稼ぎ生活をしている人
・自分の演奏技術や価値を提供して認めてもらうことでその対価をもらうことができる

ミュージシャンと言ってもレベルはまちまち

ミュージシャンを見ていると演奏のレベルも人によって違いますよね。

ミュージシャンと言ってもプロだからめちゃくちゃうまい人もいればプロなのにアマチュアくらいのレベルの人もいます。

またアマチュアでもプロ並にうまい人もいればアマチュアのレベルの人もいます。

こうして考えるとプロかアマチュアかは、実力だけでは判断ができないということですね。

テレビに出てるからプロとは限らない

プロだとなんとなくテレビに出ているイメージもあると思いますがテレビに出ずにライブやコンサートだけで活動してるプロミュージシャンもけっこういます。

ブログやSMSからデビューする人もいる

ここ数年、インターネットの発達によりYouTubeなどの動画から人気がでてデビューするケースもあります。

こういったケースだとデビューする前はアマチュアなのかと言うことになりますが動画を使って自分の演奏や曲を公開して生活できているのであればプロと言えるのかもしれませんね。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事