【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

RADWIMPS(ラッドウィンプス)といえば2016年8月に全国東宝で公開された映画「君の名は。」で大ヒットして一気に知名度を上げたロックバンドです。

RADWIMPSはバンドを結成してから10代から20代の若い層から人気を集めているロックバンドでした。

映画のヒットを通して若い世代だけでなく幅広い世代から人気を集め支持されるようになりました。

そのバンドのベーシスト、コーラス担当が武田祐介(たけだゆうすけ)さんです。

武田祐介

生い立ち

武田祐介さんは1985年5月24日生まれで出身は神奈川県です。

楽器をはじめた時期は小学生のころで友達の影響でギターをはじめられたようです。

中学時代には吹奏楽部に入部しコントラバスをはじめるが先輩からバンドの誘いを受けバンドにも興味を持っていきます。

バンドを組み当時は「THE BLUE HEARTS」や「X JAPAN」のコピーをしていました。

高校生になるとエレキベースに強い興味をもつようになったそうです。

とくにレッチリ、マーカスミラー、ジャコパストリアスなどのベースプレイに興味を持ち洋楽などをよく聴いていたようです。

音楽大学

武田祐介さんは洗足学園音楽大学ジャズ科を卒業されています。

洗足学園音楽大学は神奈川県にある日本の私立大学で国内の大学のなかでも生徒数やコースも多い学校として有名です。

ジャズ科での学びがRADWIMPSのベースプレイにも生かさせていると思います。

また音に関するコントロールも抜群でたとえ音数が少なくても音の一つ一つをしっかりと表現することができていると思います。

メロディーが美しいベースラインなど音楽大やさまざまな経験があってこそのプレイだと思います。

ベースプレイ

ジャズ科で学んだこともあり武田祐介さんのベースフレーズはとてもメロディアスで表現の高いフレーズが多いです。

またベースプレイもテクニカルでスラップ奏法も見物です。

またエレキベースにとらわれずウッドベース、アップライトベース、アコースティックギター、エレキギターなどマルチプレイヤーでもあります。

まとめ

武田祐介さんのベースプレイは無駄がなく音の切り方、リズムがとても絶妙です。

またグリスだったりスライドを使ってベースの深い表現を出しているのも特徴です。

5弦や6弦などの多弦ベースの良さをフルで活用して無駄がなくテクニカルでメロディアスなベースライン、ボーカルのメロディを壊さないように主張しすぎることなく歌を生かすベースプレイはとても聴きごたえがあると思います。

 

【シアーミュージック】全国展開の人気音楽教室で無料体験レッスン受付中!

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事