売れるバンドと売れないバンドの違い
バンド

世の中には音楽で生活できるようになるバンドとできないバンドがいます。

その違いは何でしょうか?

良い曲を作れさえすればバンドは、売れるのでしょうか?

今回は、売れるバンドと売れないバンドの違いについて紹介していきたいと思います。

音楽で生活できるバンドは一握り?

世の中には、コツコツと下積み時代を何年も経験してやっとでメジャーデビューするバンドがいたり活動して短いアーティストが瞬く間に売れて東京ドームや武道館などでライブをしてCDも売れて大ヒットするバンドもいます。

その一方でバンドを続けていてもなかなか結果が出ずメジャーデビューもできずにいるバンドも世の中にたくさんいます。

バンドで生活できるようになるのは、たくさんのバンドの中でごく一部だと言えます。

音楽の世界は、他の業界に比べてもかなり狭き門だと思います。

プロを目指すバンドは星の数ほどいる

バンドやアーティストを本業としてやっていきたい人は、たくさんいると思います。

そして一握りのバンドだけがメジャーデビューを手にして音楽で生活できるようになります。

メジャーデビューをしたとしても売れずにバイトをしながら活動している人もいます。

たとえメジャーデビューをしたからといって売れるとは限らないです。

メジャーデビューは、いわばスタート地点でもあります。

売れるバンドと売れないバンドの違い

世の中には、音楽で生活できるバンドと生活できないバンドがいます。

この2つのバンドの違いは何でしょうか?

世の中には売れないバンドの数の方が売れるバンドよりも多くいると思います。

その中で人握りのバンドだけが上に上ることができるようになっています。

たとえ売れないバンドだったとしても中には、良い音楽を作りスキルも高いバンドもたくさんいます。

プロよりもうまいアマチュアバンドもいればアマチュアよりもあまり上手くないプロバンドもいます。

ものごとには原因があって結果があるように売れるバンドと売れないバンドは、それぞれに原因があり結果があるのだと思います。

売れるバンドの特徴

売れるバンドの特徴に歌詞や音楽が聴いたあとに頭に残るという印象があります。

共感できる歌詞だったり心に残るメロディというのは、バンドの音楽性、アーティスト性だったりイメージを決めるものでもあります。

聴いた人がもっと聴きたいと思えるような人を惹きつけるような歌詞だったり曲だったりアーティスト性というものはとても重要な要素だと思います。

売れるかどうかは、宣伝や演奏技術だけで決まるものではないと思います。

確かに宣伝とかプロモーションは大事だと思います。

ですがそれだけではファンを増やしていくのは難しいと思います。

売れないバンドの特徴

売れないバンドの特徴として歌詞がよく分からなかったり曲が良くないことがあります。

どんなに演奏技術を持っていたとしても歌詞が共感できなかったり曲が良くなければ売れることは難しいと思います。

またバンドのイメージやコンセプトだったり方向性が分からないバンドもふわふわしていてつかみどころがない感じがします。

あとは、演奏レベルがすごく低いバンドも聴いていて危なっかしい感じがしていて不安になりますね。

最後に

バンドに必要なことは、まずバンドの方向性だったりイメージがある程度確立させる必要があると思います。

その上で聴いた人に印象に残るような歌詞だったり曲を作る必要があります。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事