【漫才/芸人】ギター、ベースなどの楽器をやっている音楽芸人
お笑い

お笑いは好きですか?

2003年から「エンタの神様」が放送開始されさまざまなお笑い芸人が続々登場してきました。

「エンタの神様」は今では毎週ではなく不定期に放送されますが当時よく見ていました。

僕はお笑いが好きです。

サンドイッチマンとか最近ではぺこぱやミルクボーイなどが好きです。

芸人といえば漫才ですが実は、芸人だけどギターやベースをやっている人やバンドやっていたという人は意外と多いんですよね。

ギター編

みやぞん

ANZEN漫才というお笑いユニットでお笑いをやっています。

みやぞんは、エピフォンのギターを愛用していると言われています。

 

波田陽区

波田陽区は、別名ギター侍としてエンタの神様でネタを披露して大ブレイクした芸人です。

ギターを弾きながらギターでネタを入れて切り捨てるという。

ベーシスト編

はなわ

はなわは、2003年に自身の地元でもある佐賀県のことを歌詞にした曲「佐賀県」が大ヒットしました。

大ヒットしたことにより一気に大ブレイクを果たし知名度と人気が上昇しました。

日本有線大賞で新人賞と特別賞を受賞しました。

新人賞では「佐賀県」が選ばれ特別賞では「伝説の男~ビバ・ガッツ~」がそれぞれ選ばれました。

「佐賀県」の曲でブレイクしたはなわさんですが売れるまでは、ピン芸人として定期的にライブを行っていました。

それまでの芸人とは違ってベースを弾きながらネタのような歌詞を歌う形は、新しく斬新だと思いました。

レーザーラモンHG

レーザーラモンHGは、芸人でもありながベーシストでもあります。

中学の頃からガンズ・アンド・ローゼズなどの洋楽を聴いていたそうです。

そしてバンドを組みベースを担当することになったレーザーラモンHGさん。

ベースマガジンの表紙も飾ったこともあります。

芸人としては初ではないでしょうか?

ヒロシ

ヒロシは、波乱万丈な人生を送ってきたといっても過言でもないどん底から絶頂期まで何回も味わっている芸人です。

「ヒロシです」のネタで大ブレイクした芸人です。

YouTubeで「ヒロシチャンネル」を開設して動画を掲載しています。

SCEANA 生誕祭にベーシストとして出演もしています。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事