音楽好きの出会い!音楽婚のメリットについて
結婚

今の時代は、個人の価値観の変化によって結婚をするしないにかかわらず自由な選択ができるという風潮に世の中が変わってきていると思います。

要は結婚したい人はしたらいいし結婚したくなければしなくても良いということですね。

昔は結婚することが当たり前とされていました。

むしろ結婚してないと一人前ではないと思われたり何か問題があるのではないかと疑われることもあったようです。

ですが時代の変化によって個人の考えが尊重されるようになり結婚をしないという選択肢を選ぶ人もどんどん増えてきています。

仕事や趣味に専念したいという人や他人と暮らしたくないという理由などさまざまなだと思います。

結婚には良い面も大変な面もある

よく結婚をゴールにしている人がいると思います。

ですが結婚は、人生のゴールではありません。

結婚は、スタートでありスタート地点から出発して二人でさまざまなことを乗り越えていく必要があります。

楽しいことや悲しいこと大変なことを共感したりして支え合う気持や相手のためにという気持ちが大事です。

結婚については、した方が良いという人としない方が良いという人に分かれると思います。

僕はどちらかというと結婚について賛成派です。

一般の人でもミュージシャンでも結婚で得られることの方が大きいと思うからです。

結婚はもともと赤の他人同士が一緒になるわけですから最初からうまくいかないことも多いかもしれません。

ですが一人で体験することができないようなさまざまな経験を通してお互いが成長していくことができるのも結婚の特徴だと思います。

また一人で頑張るより二人で頑張る方が精神的な支えにもなりますし二人で協力すれば出来ることも喜びも増えていきます。

まず結婚することによって得られることについて紹介していきたいと思います。

結婚の良さについて

安心感を得ることができる

結婚することでお互い忙しくても帰ったら相手がいるという安心感があります。

また何かあったときに相談できるというメリットも大きいと思います。

結婚は、夫婦で支え合いながら様々なことを乗り越えていく必要があります。

夫婦の期間が長ければ長いほど相手への信頼感を強くなり安心感ができます。

新しい家族ができる

結婚して家族が増え子供が生まれることによってにぎやかなで家族になっていくと思います。

子供の成長を見ることが日々の楽しみになることでしょう。

共感・共有できる

日々の生活の中でも体験した嬉しかったことや悲しかったことを共有することができます。

また一緒に喜ぶことができ一緒に支え合い励まし合うことができます。

ミュージシャン同士の音楽婚について

ミュージシャンの生活や金銭感覚は、周りからあまり理解されにくい職業でもあると思います。

ミュージシャンが一般の人と結婚するためには、ミュージシャンという職業を相手によく理解してもらう必要があると思います。

音楽家、ミュージシャンの特徴

収入が安定していない

音楽家やミュージシャンの場合、固定給より成果報酬型の方が多いため収入がなかなか安定していないという特徴があります。

下手するとサラリーマンの年収を月収で稼いでしまう可能性もあれば収入が少ない場合もあります。

中には正社員のように安定した給料を貰えるところもあるようですがごくまれだと思います。

生活感が一般の人と違う

一概には言えませんが音楽家やミュージシャンは、音楽に対して高い理想を持っているため音楽に関する投資であればいくらでもしてしまうという特性を持っています。

固定の休みが決まっていない

一般職であれば土日が休みというところが多いと思いますが音楽家の場合休みが不定期だったり不規則な生活になってしまいます。

それらを理解しないで結婚してしまうと結婚してから価値観のズレがでてきてうまくいかなくなるケースがあります。

そこでミュージシャンにおすすめなのが音楽婚だと思います。

同じ音楽という職業を持つ二人だとお互いの仕事に対して理解があったり理解できる部分が多くなると思います。

自分の周りにも音楽家同士で結婚している人がいます。

お互いの仕事柄に理解していたり音楽への特性を知っていると結婚生活もうまく行くのかもしれません。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事