兼業ミュージシャンが増えている理由
ビジネス

プロでやっていくならミュージシャン一本でやっていきたいと思っている人は多いと思います。

音楽の収入は、不安定でもある

実際に生涯、音楽のみで食べていける人は本当に一握りだと思います。

音楽の特徴としてやっぱり不安定な点が挙げられます。

0もあれば100またはそれ以上もあり得る世界です。

今日たくさん稼げたとしても明日は分からない世界でもあります。

それでも音楽のみでずっと食べていけるひとは本当にすごいなと尊敬してしまいます。

たとえ音楽で生活できるようになったとしても今後ずっとそれが続くかどうかは、誰も予想できないのではないかなと思います。

明日はどうなるか分からない世界でもある

知り合いにも以前バンドのみで食べていた人がいますが今は普通に働いていたりします。

何でもそうですが続けるということはとても大変なことだと思います。

バンドであれば曲を作りCDを出したりライブやコンサートを継続的に行う必要があります。

またスタジオミュージシャンの場合だといろいろなアーティストのバックで弾く仕事やレコーディングの仕事を継続的にもらう必要があります。

本業以外の仕事をしている人は多い

ミュージシャンと同じ不安定な職業といえば芸能人や芸人が挙げられます。

芸能人や芸人の中にも自分でお店を経営していたり不動産を持っていたり株やFXをやっていたり本を出したりなど本業以外にも仕事や収入がある人も多いです。

これは、ミュージシャンでも同じです。

本業がミュージシャンだとしても副業をしている人はけっこういます。

むしろ本業以外にも仕事を持つということは、決してめずらしいことではなくなってきています。

スタジオミュージシャン

スタジオミュージシャンは、おもに歌手やバンドのバックで演奏したりレコーディングに参加したりするのが一般的な仕事です。

知り合いのスタジオミュージシャンは、バックやレコーディングに参加する以外にも書籍を出したりブログを書いたり動画を載せたり自宅で楽器を教えたりもしています。

本当にいろいろなことをやっているスタジオミュージシャンも多いです。

売れっ子のスタジオミュージシャンであればその仕事だけで十分に食べていけると思います。

ですが本業以外にもいろいろな仕事をしているスタジオミュージシャンはけっこう多いようです。

昨今、音楽業界をとりまく環境も日々変わってきています。

一昔前までは音楽一本で生活できている人も今よりも多かったと思いますが時代の変化によってミュージシャンも大変になってきていると思います。

昔よりギャラが下がっている

売れている歌手やバンドであればそれほど影響ありませんが全体的に稼ぐのが厳しくなっていると言われています。

CDが売れない時代へ

CDが売れないというのもよく聞くワードだと思います。

CDが売れないということは、ミュージシャンの収入だけでなく音楽業界全体にも影響してしまうことです。

ミュージシャンだけでなくスタジオミュージシャンがレコーディングに参加したときに貰う収入も減ってきていると聞きます。

兼業ミュージシャンの方がリスクヘッジできる

どちらいうと兼業ミュージシャンが増えてきていますが良い傾向とも見れると思います。

音楽で食べていくというのは、リスクも有りますし最悪収入がなくなるということもあります。

ですが本業以外にも仕事を持つことでリスクを分散させたりすることができます。

ミュージシャンだけでなく安定とされる会社員にも副業が定着しつつあります。

今後はどんな仕事に着いても副業したり本業以外に仕事をすることが当たり前になっていくかもしれませんね。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事