【音楽を支えるプロフェッショナル】コンサート会場でかかせない裏方の仕事
照明

音楽が好きな人なら自分の好きな歌手やバンドなどのライブやコンサートを見に行ったことがある人は多いのではないでしょうか?

ライブやコンサートを見に行くとさまざまな演出だったりモニターで映像を映し出されたりすることもあると思います。

コンサートは、さまざまな人が関わっている

コンサートは、メインの歌手やバンドだけでなくたくさんの人が関わり一つのコンサートが出来上がっています。

規模の小さいライブハウスであれば少人数のスタッフさんがミキサーを使って音を調整したり照明を使いその場を盛り上げるために手伝ってくれます。

規模の大きいライブやコンサートになると関わるスタッフも多くなります。

ライブやコンサートの裏方は、重要な仕事

ライブやコンサートでは、裏方と呼ばれるスタッフや職人達が準備したり本番でいろいろな演出のサポートをしてくれます。

会場の誘導係、受付、照明、音響、設営などさまざまな分野のプロたちがコンサートができる環境を整え歌手やバンドが演奏に集中できるようにしてくれます。

メインはもちろん演奏するミュージシャンですがコンサートは、ミュージシャン達が演奏できるように裏で支えている人達がいることで成り立っています。

普段バンドマンやミュージシャンなど演奏がメインで活動している人は、なかなか裏方の仕事や仕事内容を知らないという人も多いのではないでしょうか?

僕も裏方をやるまでは、裏方の重要性や仕事内容など分かりませんでした。

設営やPAなどに携わっていきながらときには失敗したり怒られながらイベントやコンサートのおおまかな全体を知ることができました。

裏方をしながらバンド活動をすることで普段見えないものが見え裏方の大変さや重要性を知りました。
 
演奏がメインだとライブだったりコンサート会場の裏方に意識がいかないこともあると思います。

ですが演奏する立場であっても裏方のことを知るだけで意識がいくようになりスタッフに声をかけたり感謝することができるようになります。

今回は裏方について話しましたが裏方には、どんな仕事や作業があるのかを紹介していきたいと思います。

ポイント
  • コンサートやライブは裏方と言われる専門職のスタッフがいて成り立っている

コンサート裏方の仕事

照明スタッフの仕事

照明の仕事はライブやコンサートなどの舞台の照明器具を使い演出を行います。

また音楽に限らずテレビや撮影現場でも照明の仕事があります。

おもな流れとしては、舞台監督やディレクターと打ち合わせをしながらどの照明器具を使いどの場面で付けたり切り替えたりするのかを決めていきます。

未経験の場合は、学校で学んだり現場でバイトをしながら経験を積む方もいるようです。

照明の仕事はさまざまな色の照明を使いながら場を盛り上げてくれる重要なお仕事です。

音響スタッフの仕事

音響スタッフは、コンサートや舞台などでマイクをセッテイングしたりミキサーを使い音を調整したりするお仕事です。

音響の仕事には、サウンドエンジニアやPAと呼ばれる音のプロ達がセッテイングしたり会場の
音を聴きながら調整していきます。

求めらるスキルとしては、聴力や音を耳で判断する能力が必要になります。

映像エンジニアの仕事

さまざまなコンサートで映像を使った演出も増えてきています。

映像エンジニアの仕事は、短い演出でもとても効果やインパクトが高くコンサートを盛り上げることができます。

さまざまなツールやソフトを使い要望に沿った映像に仕上げるスキルが必要になります。

イベント設営スタッフ

イベント設営は、コンサートをするために椅子を並べたり機材の搬入の手伝いをしたりします。

野外であればテントを作ったりすることもあります。

体を動かすことが多いので体力を使う仕事になります。

最後に

コンサートは、さまざまなスタッフが関わり協力して良いコンサートができる環境を整えてくれます。

裏方の仕事は一見地道に見えるかもしれませんがとても重要な仕事でありやりがいもある仕事だと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事