【プロ】音楽講師を目指すために必要なことと講師の種類
講師

音楽の仕事はミュージシャンだけでなく音楽講師という道も一つあります。

もともと楽器を教えるのが好きでやっている人やスタジオミュージシャンをしながら合間で楽器を教えているという人もいます。

楽器を弾く能力や知識は、ミュージシャンとして専門的で魅力的な能力だと思います。

またさまざまな場所で演奏してきた経験というのはとても貴重なものだと思います。

音楽講師の種類について

音楽講師には下記のようにさまざまな種類があります。

学校の音楽講師(教員免許が必要)

小、中、高など学校で音楽を教える場合には教員免許が必要になります。

また音楽スクールと違うところは個別授業ではなく基本的にクラス全員に対して教えたり音楽の授業をする必要があります。

人数が多いのと時間が限られているので音楽スクールとはまた違った大変さがあると思います。

音楽の講師は普段の授業以外にさまざまなイベントなどもあります。

合唱コンクールなどの文化行事が近づけばそれに向けて生徒達に指導をする必要があります。

専門的な音楽を指導する能力だけではなくたくさんの生徒をまとめる能力も必要になってくると思います。

学校の音楽講師になる人は、幼少期からピアノをやっていたり音楽の大学に出ている人が多いと思います。

教員免許が必要なので音楽スクールよりもハードルは高いと思います。

音楽スクールの講師(ヤマハなど)

音楽スクールの講師は楽器を専門的に教えます。

学校の講師と違い楽器を教えることに集中することができます。

教員免許は、必要ありませんが講師になるためには各団体が行っている採用試験に合格する必要があります。

専門学校の講師

専門学校の音楽講師は、複数の授業の中から担当するコースで授業を行います。

プロとして生徒達の技術の向上や知識を深めるために指導するのが音楽講師の役割になります。

なかには専門学校の卒業生からアシスタントを経験して講師になる人もいます。

もちろん専門学校を卒業したからといって必ず誰でも講師になれるわけではありません。

地道な努力の積み重ねと信頼が必要もなってきます。

独立して個人レッスンの講師になる

自宅などでレッスンを行っている人もいますね。

なかにはレッスンを専門で行っている人や普段、演奏家だったりスタジオミュージシャンをやりながら合間でレッスンを行っている人もいます。

自宅でレッスンをするメリットとしては、場所を借りずにレッスンができるのでレッスン費用を安くしたり余計な経費をかけずにレッスンできるので講師にも生徒にもメリットがあると思います。

また音楽スクールと比較すると生徒のレッスン代からさまざまな経費が引かれたあとに講師の取分になりますが自宅で個人レッスンをすれば余計な経費をかけずすべて自分の収入にすることができます。

そういった理由で独立して個人レッスンを行う人も増えてきています。

ただ個人でやる場合のデメリットとしては生徒を集めたり集客をすべて自分でやらなければいけなくなります。

音楽講師に向いている人

音楽講師に向いている人は下記のような人だと思います。

音楽がとにかく好きでいつも音楽のことを考えている人。

楽器の演奏スキルだけでなく音楽の知識や経験を積んできている人。

人に教えるのが得意な人。

音楽講師は、生徒との会話やコミュニケーション能力も最低限必要になります。

楽器の演奏スキルがどんなに高くてもコミュニケーションが苦手だと苦労するかもしれません。

生徒との相性もあるかもしれませんがどの生徒に対しても生徒の力量を見定めてその生徒に合うレッスンを心がけることが大事です。

これから音楽講師を目指めざしている人におすすめの書籍

この本は、現役ミュージシャン宮脇俊郎が著者の本です。

23歳からプロ・ギタリストとしてさまざまなセッションや音楽の活動をしています。

また音楽の講師歴も長くさまざまな生徒を指導してきました。

音楽講師の始め方だけでなく音楽講師として長く続けるための秘訣が書かれている貴重でおすすめの本です。

まずはバイトやアシスタントから講師を目指す

まだ楽器を教えたことがない人や不安がある人は、知り合いやバイトから人に教えることに慣れていくという方法もあります。

学ぶために教えるというのはよい経験になると思います。

教えることで自分の知識や経験、能力もアップしていきます。

音楽講師として慣れるには、ともかくいろいろな人に教えてみることが大事だと思います。

生徒はまったくの初心者から経験者、プロを目指す人などざまざまなです。

そしてレベルもまちまちです。

吸収の早い生徒もいればなかなかできない生徒もいると思います。

そうした中でも一人一人の生徒にとって一番良い教え方を模索していく必要があります。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事