小学校で習った「ほうれんそう」をバンド活動に生かすとスムーズになる理由
ほうれんそう

バンドマンは、一人ではできないですよね?

バンドマンにとって必要なことは、チームワークだと思います。

そしてチームワークを良くするためには、常にメンバー同士で連絡したり相談したりすることが大事です。

昨今ではコミュニケーション不足の方も多いと思います。

ですがバンド内でコミュニケーションをきちんとしているバンドとしていないバンドでは、バンド活動にも影響が出てくると思っています。

実際に長くバンドを続けている人は、メンバー内のコミュニケーションがしっかりしているのに対して続かないバンドは、コミュニケーションがうまく取れていなかったりトラブルになっているケースが多いように思います。

小学校で学ぶ「ほうれんそう」はとても重要なことだった!?

誰でも昔、学校で「ほうれんそう」を教わったという人は多いのではないでしょうか?

この「ほうれんそう」とは、報告、連絡、相談の事です。

僕は、小学校のときにこの「ほうれんそう」というものを教わりました。

あの時にさんざん「ほうれんそう」が大事だと教わりましたがその当時は、自分の中で「ほうれんそう」が大事だという認識があまりありませんでした。

ですがこの「ほうれんそう」がいかに大事なことなのかを知ったのは、学校を卒業して社会に出てからです。

この「ほうれんそう」は、日常生活だけでなく仕事、家族、友人、日常生活、バンド活動においてもとても大事なことであると分かりました。

バンド内でほうれんそうを徹底すると良い結果が生まれやすくなる

バンド活動においてもそうですが仕事や日常でささいなことや小さな事でも周りの人や上司、家族などに報告したり相談したりすると良い方向に進む事が多くなります。

僕は、今で何かを決めるときには周りの人や家族に相談するようにしています。

また仕事においても事前に報告や相談をすることでトラブルを減らすことができたり良い方向に進むことが多くなりました。

これはバンド内においても同じです。

バンドも仕事も同じことで一人で作業するより複数の人と関わって進めていくことが多いと思います。

自分だけで勝手に決めても良い方向に進まないケースってけっこうあると思います。

何故そのように改善しようと思い「ほうれんそう」をちゃんとやろうと思ったかというと過去に面倒だからという理由で自分で勝手に決めた事のほとんどがうまく進まなかったりダメになるケースが多かったからです。

相談したり話し合いをすると良い結果や作用が生まれる

人は一人だけで生きているという人は、いないのではないでしょうか?

どんな事でも誰かしらの協力を得たり助けてもらったりして生活しているのではないでしょうか?

その中で話し合いというのは、とても重要なことです。

意見を出し合い、時にはうまく話がまとまらない事もありますが一人より二人、そして家族やバンドメンバーで意見を出し合う事で良いアイデアや閃きが生まれる事だってあります。

どうしても一人で解決できない問題をバンドメンバーに相談してみんなでアイデアを出し合った結果、解決の方向に進んだという話も聞きます。

自分で解決できない事こそ話し合いや相談が必要

話し合うというと何だか当たり前のことに感じますが僕は相談したり話し合う事で何だか不思議な作用が働いているような気がします。

うまくいかなかった事がうまくいくようになったり家族やバンドがより仲良くなったり良い方向に進むケースが増えるように思います。

「ほうれんそう」である報告、連絡、相談を徹底すると良い結果が生まれる

なかなか人に相談できずに悩んでいる人もいるかもしれません。

ですが思い切って周りの人や家族に相談してみると良いと思います。

相談することでスッキリするかもしれないし周りから良いアドバイスをもらえたりして良い方向に進むかもしれません。

この「ほうれんそう」は、単なる義務と思うのではなくよりスムーズに事が進んだり自分でも考えつかなかった問題解決への糸口になるのではないかなと思います。

楽器の上達なら個人レッスンがおすすめ!シアーミュージック

マンツーマンに力を入れている個人レッスンだからこそ生徒の一人一人のスキルや上達に合わせたレッスンが人気です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事